2018.01.06

OPとEDが良かった~♪

Gremzキーワード: 食物連鎖!
明日・・
頑張ろうと思いますです^^;→12日になりました++;


『血界戦線 & BEYOND』1期放送時に面白いらしいよと聞いてたんだけど、
その頃たしかMXがうまく録画出来なくて諦めてました。
でも、ラスト2~3話だけリアルタイムで見たんです。面白かった・・
で、2期。なにげに見てました。
最初を知らないのでちょとアウェイ感あったけどやっぱり面白かったです!
レオナルドの時の阪口大助さんの演技好きだな~
第10話のBRATATAT MOMは楽しかった☆彡
K・Kの旦那さま最高♥
序盤のレオの苦悩を最後に解決と気持ちの良いラストでした^^v

亀は後ろに下がることが出来ないって、
そのことを聞いた時、
私は真っ先にゴキブリのことを思い浮かべました^^; オイ

神様はいない 要らない いても要らない
ここは誰の現在地だ?
甘いか苦いかは君が決めろよ
「嫌いなもんは嫌い うるせえ 黙れ」
のあたりがすっごい好きでした☆彡


『十二大戦』西尾維新原作なので息子必見。
好みじゃないけど付き合いで見ていました。
妬良のエピソードは好みだったかな^^
梅ちゃんの声が聴けたからイイかな♥
こちらもOPとEDが良かった~♪

OPとEDが良かった~♪

スポンサーサイト
2018.01.03

アンタークチサイトから

Gremzキーワード: リサイクル!
ひと言、書きたいと思って・・


『宝石の国』の第八話「アンタークチサイト」のラストに泣かされましてね。
結局、この流氷の海の声の主は何者だったのでしょうかね?@@;
どうしてフォスの腕は見つからなかったの?
とか、意味ありげな疑問は解決せず。
だけどだけど、
最後にフォスを守るため、
砕け落ちる瞬間唇に指を当て目を閉じる姿には、

先生がさびしくないように 冬を 頼む ・・

という台詞には、泣けましたわ・・
身体中ひび割れだらけにボロボロになりながらアンタークチサイトを追うフォスにも、
泣けましたわ・・
変則ED中には涙が止まりませんでしたわ><。
ここからハマりましたね~

第九話の「春」でフォスの外見と性格が変わってしまったのにビックリ。
すっかり出来る子になっちゃって^^;

第十話の「しろ」はボルツにコンビを解消されたダイヤが可哀想で、
巨大月人に連れて行かれるんじゃないかとメッチャ心配しましたよ++;

第十一話の「秘密」は斬っても斬っても分裂して増えちゃう月人に、
ヤバいヤバいヤバ~い!と思ってた、ら!
なんか可愛くなっちゃったwwwwwwww
そして、集合したらまた巨大に@@;
どうしたら良いの!?と思ったら、
金剛先生にお手とお座り。伏せとアゴ・・だと?

スゴイんだコレ ふぅわふわで ・・

金剛先生の時の中田譲治さん物静かで、やさしげで、超好き♥

もふもふの月人に埋もれて眠る宝石たち^^;
疑問を直接先生にぶつけたいフォスだけど、
アンタークのことを考えると、出来ない・・

最終話第十二話の「新しい仕事」
ゴージャスに美しいパパラチア。朴璐美さんの声がまた素敵♥
月人と話してみたいとパパラチアに相談するフォス。

清く正しい本当が辺り一面を傷つけ

全く予想外に変貌させるかもしれない

だから冷静に

慎重にな ・・


アドバイスのすぐ後で、またすぐ眠りについてしまうパパラチア・・
シンシャに手伝ってもらおうと話をしたら、

楽しいはどうした 楽しいが抜けてる!

って、デレたよ (≧∇≦)
金剛先生がフォスを呼び出し何を話すのか?
・・というところでおしまい。

衝撃でしたわ~
初めは馴染めなかったんだけど、途中から夢中になることもあるんですよね^^;

アンタークチサイトから

2017.12.27

今すぐあなたに伝えたくて

Gremzキーワード: ペットシア!
最終回じゃないですよね^^;


『魔法使いの嫁』 #12 Better to ask the way than go astray.

何もする気が起きない 夏だし やることは色々あるはずなんだけど ・・

エリアスはチセのことばかり考えているみたい。
チセもうたた寝でエリアスの夢でも見ていたのでしょうか・・?

リンデルが歌を歌いながら杖の仕上げをしてくれました。
チセが杖を受け取ると、意識が別世界へ飛びます。
そこで、もう会うはずのなかった、老いて樹になったドラゴンと会います。
チセの杖はそのドラゴンの樹から作ったものでした。

私はチセとエリアスは言葉はなくてもそこそこ上手くやっていると思っていたけど、
お互いに物足りなくさびしく、でも全てをさらけ出すのには臆病だったんですね。
ネヴィンのあたたかな言葉に包まれていた時間はほんの一瞬だったようです。
意識を取り戻してリンデルに礼を言うと、
チセはすぐエリアスのところへ飛んで行くのでした・・

今すぐエリアスに話したい!と思ったのかもしれないけど、
いきなり派手な魔法の使い方^^;
ルツは置いてけぼり?と思ったら、なんか、影の中から出て来た^^;
案の定、たくさん魔力を使ったチセは眠りに落ちてしまいました~
この夢、
幼い頃のチセにもしあわせな時間があったみたいな?
もしかして、チセの弟か妹が亡くなったのがお母さんが自死してしまったキッカケとか?
穏やかな彼らの日常の再開・・という感じで1クール終わりました。
1月からはシビアな展開になるの?@@;
しっかしあの予告、
映画かと思うようなクオリティ☆彡
森や草原の木々、花々、自然の美しい描写。
食べ物がおいしそうだったり、お金かかってる~?

今すぐあなたに伝えたくて

2017.12.26

あなたに言えなかったこと

Gremzキーワード: エコバッグ!
とりあえず・・
あっぷ^^;


『魔法使いの嫁』 #11 Lovers ever run before the clock.

チセがいなくてエリアスはさびしがってるみたい~と思ったら、
レンフレッドに、
「このままお前と暮らすだけにさせていたら 彼女はダメになる」
と言われて考え込んでいたのかな・・

師匠にエリアスの世話を頼まれたリンデルは一緒に旅をしながら色々なことを教えたのね。
ある村で子どもにエリアスの存在を気取られ「悪魔だ!」と石を投げられます。
リンデルが怪我をして血を流すのを見たエリアスは我を忘れます@@;
・・これが昔「やらかした」ことのひとつなのかな・・
これがキッカケだったのかな?
エリアスは過去に人間を食べたことがあるようだと思い出します。
嫌なはずなのに時々食べたくなる・・って@@;

あれはとことん水に落ちるな・・って、
落とされたんじゃん!^^;
今回は良いものを見られて良かったね。
髪を切るシーンが繊細~
いつも黒いもふもふルツが寄り添っていてイイナ^^

リンデルの歌のお陰でチセは水鏡の中でエリアスと話をし、花を送ります。
両想いの恋人同士という雰囲気♥

シルキーが小鳥を土に埋めていました。
窓の下で拾ったのは小鳥だったのですね。
エリアスはレンフレッドにああ言われ、怒って使いの小鳥を殺してしまったのでしょうか・・?

甘やかに優しい浪川さんの歌声が素敵でした (〃д〃)

あなたに言えなかったこと

2017.12.25

ふたつの船の旅立ち

Gremzキーワード: 砂漠化!
結局今日もだらだら++;


『クジラの子らは砂上に歌う』 最終節 ここに生まれてよかった

オウニに凄まれて、ふたごはそれ以上何も言えませんでした。

マソオは消耗し眠る時間が増え、別れの時が近づいていました。
心配して見舞いに来る皆に話をするマソオ。
残された者がこれから少しでも生きやすくと願う言葉。
優しいから皆が慕うんですね。
そして、とうとうマソオを砂の海に送り出す日が来てしまいました。
涙を堪えようとする者に、
「構わん!今日は泣け!」と叫ぶクチバ。
皆が声を出して泣きます・・

泣かないオウニにシュアンが自分と同類かと話しかけます。
「あんたはそうやって来たんだ」
図星だったようで、シュアンは亡くなった妻のことを思い出します。

スオウは印の短命の秘密を皆に話します。
泥クジラが舵を取れるようになり、
新世界への希望が生まれたというのもあるのかな?
真実を聞いて混乱する人たち。
またふたごがちゃちゃ入れて来ましたよ。
それを遮ったのはまたオウニ。
涙は見せないけど冷酷なんじゃない。
泥クジラのために先頭を切って戦ったオウニの言葉は皆を納得させます。
オウニが変わったのはニビやマソオのお陰ですよね。
ロハリト(略)は態度はアレだけど、思っていたより良いヤツみたいですね。
ファレナの檻を出て外の世界へ向かう泥クジラ。
その先には何が待っているのでしょうか・・?

オルカや他の者に感情があるのは特権階級とその近しい者だけ、
ヌースの肉とやらをもらえるからだそうです。
一般庶民は感情は忌むべきものと教えられ、ヌースの糧として奪われているのですね。
国を治めるにも兵士としても都合が良さそう。
アツァリの記憶の中のオルカは殺したくないからもっと心を取ってくれと言っていましたね。
いつから変わったのでしょうか?
至上の世界をつくるため?
どんな企みなのでしょうか・?

先週「夢の話だ」とうそぶいていましたが、念願の船を得たオルカ。
「妹さんに会えると良いですね」と言ったイティア。
オルカのことが好きみたい?
その彼女が言うのだから、オルカも本当はリコスを捨てたわけではないのでは?

ぎくしゃくしていたチャクロとリコスの仲も戻りました^^
痛みも悲しみも命の記憶。
強く深い絆で困難を乗り越えていけますように・・!

少女マンガのようなキャラデザなのに内容はシビアでした。
好みではなかったけど演出が良かったのかなぁ。
結構感情移入してしまいました。
踊るシーンとか色々動きが良くって、
リキ入れてるんだなぁと思っていたので1クールで終わったのが意外。
明るめな終わり方は良かったです。

『学園ベビーシッターズ』 2018年1月7日より毎週日曜23:00~放送開始

ふたつの船の旅立ち

2017.12.24

期待を背負って

Gremzキーワード: 酸性雨!
明日まとめて~++;→遅くなりました~^^;


『3月のライオン』 第33話 Chapter.66 陽のあたる場所

新人王になった零は宗谷名人と記念対局出来ることになりました。
いつもなら将棋会館でやるものを今年はタイトル戦なみにどーんと派手にやるとのこと。
新人王を取った者は名人になることが多い。
中学生プロ棋士になった零はきっと名人になるだろうという期待からです。

宗谷と島田が同い年だと話し始める神宮寺と柳原。
島田を華がないとか何とかメチャメチャけなす柳原ww
ヒドイwwwwwwww
だから頼りにしていると神宮寺から言われ、静かに喜ぶ零でした^^
その翌日は将科部の皆が新人王を祝ってくれました。
メニューがwwwwwwww
慣れない明るい場所に戸惑い、トイレでひとり涙が止まらない零・・

急に手に入ったものじゃないよ!
自分で作った場所なんだよ><。
日記。買ったのかな・・?

Chapter.67 小さな世界

突然、冬山。
何かと思ったら櫻井岳人の趣味でした。
もぅ小野大輔さんの台詞が胡散臭く思えてしょうがないww
実際は悪意のない天然な人らしいけど^^;
島田にとって山は日常だったってwwwwwwww
ふたりの対戦のBGMの違いがwwwwwwww
集客のかかった対戦wwでしたが島田が勝ちました。
柳原はけなしながらもまた強くなった島田との対決がちょっと楽しそうな?

将科部の先輩方は受験のために部活引退です。
心配する林田に野口の言うことにゃwwwwwwww
本当にどちらが先生かわかりませんね^^;
部員募集をかけたら、集まってきたのは先生方ばかり++;
これは部活ではなくもはや将棋教室とww
清々しいほどの職権乱用でした^^v

ぃゃ~
藤井聡太くんの注目ぶりを見れば、あそこまで連勝しなくとも、
若くしてプロ棋士になったら絶対学校の有名人だよね。
だったら生徒の中に掛け持ちででも部活に入るコいると思うんだけどな~

期待を背負って

2017.12.23

旅の終わりと始まり

Gremzキーワード: オゾン層!
最後は師匠とのエピソードかと思ったら・・


『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series 』

第11話 羊たちの草原 Stray Army 最終回

初めはギャグかと思ってたら、ホラーのようでした@@;
止まって真横に逃げるのではなく、
草原を迂回するように走り抜けたら良かったんじゃ?と思ったり。
羊たちから逃げて辿り着いた国に行って、なんであんな羊がいたのか納得。
いや、あの羊たちの好戦的過ぎるのは異常と思うけどw
この国ではあの羊たちのことを大切に思っているようなので、
キノは自分たちに起こったことを言わなかったでしょうね^^;

旅の終わり Kino's Nap

自由だなぁ^^
ま!
穏やかな終わり方で良かった~

寓話的雰囲気のお話の中、何となくずっとアウェイ感でした^^;

旅の終わりと始まり

2017.12.22

すべては、この時のため

Gremzキーワード: 地球温暖化!
32本目のグリムスの樹が大人になりました☆彡


『いぬやしき』 #11 地球の人たち 最終回

早朝、犬屋敷が家に帰ると家族がリビングで待っていました。
ニュースに出ているのはあなたなの・・?と。
自分が機械の身体だと告白して出て行こうとする犬屋敷に、
新婚旅行のことを尋ねる妻。
細やかに思い出を話して涙する犬屋敷に泣いてすがる妻と麻理。
剛史は置いてけぼりで呆然としています^^;

犬屋敷のことは学生たちの間で大きな話題となっていますが、
会社では誰も気づかないってあるかいっ!?^^;
安堂が学校から帰り自分の部屋に入ると、
暗い中に腕のない獅子神が立っていました・・

怖い~と思いました><。
だけど、安堂がジャンプ読む?と振ったとたん明るく「読む読む♪」と答えるとか^^;
この神経がわからない。
犬屋敷に助けを求めた安堂が「お前はもぅ皓じゃない殺人機械だ」となじったら、
涙を流して逃げてしまいました。
しおんたちのところへ戻りたいのに戻れない。
当たり前でしょう・・

剛史との絆を取り戻したところで、地球最後の日のお知らせです@@;
犬屋敷は自分が出来るだけのことをやろうと家を出ようとします。
父の考えがわかるようで待ち構えている麻理。
1話と家族の態度が違い過ぎるわww

ひとりで奮闘している犬屋敷のところに獅子神が来ましたよ。
最後に救いがあって良かった。
しかし、獅子神の自爆だけでは足らなかったって・・

本当に、地球を救うための運命だったみたいな。
その過程で獅子神に殺された人たちは・・なんとも言えないけどね。
麻理と剛史は父のお陰で成長。
めでたしめでたし?でした。

主役ふたりの演技が物足りないと言うかなんというか・・
原作もこんなに淡々とした感じなのかな?
盛り上がりもイマイチでした++;
おじいさんみたいなおじさんがヒーローでも良いじゃないか。
なんか、もったいなかったです^^;



2017.12.19

ファレナの檻

Gremzキーワード: 京都議定書!
ざっくりね^^;


『クジラの子らは砂上に歌う』 第十一節 夢の話だ

ヌースの力によって作られた最強の戦士デモナス?
ヌースは人々の感情、またはサイミアを糧に生きているのじゃないの?
オルカはデモナスが帝国に再来した脅威であり、
自分ならデモナスを捕らえることが出来ると審問委員に張ったりをかまし、
作戦の失敗をアラフニに押し付け、罪を逃れます。

泥クジラは舵を取ることは出来ないけど、
閉じられたような空間をぐるぐる回っていたので他国に見つかることもなかった?
夢を見た印たちは泥クジラの操縦が出来るようになっていたと。

何も知らないスオウたちにロハリトは外の国の話をします。
そんなロハリトに泥クジラの秘密を話すリコス。
それを聞いてしまったチャクロ。
長老会だけがそれを知っていました・・

その頃、長老会に反旗を翻すふたご。
ふたごを止めようとするオウニ。
助け合って生きて来たクジラの子らは、バラバラになってしまうのでしょうか・・

次回が最終節?
あと1回で終わるの?
この世界って一度滅びた後みたいな?
まだまだこれから話が動き出すところなのに一期終了ということなの?
ぃゃ~^^;

次回 【ここに生まれてよかった】

ファレナの檻

2017.12.18

一緒にドアを開けて

Gremzキーワード: リサイクル!
ダンス習いたい~


『ボールルームへようこそ』 Heat.24 ボールルームへようこそ 最終回

ヴェニーズワルツの前に息を整えるふたり。
多々良の自己紹介の言葉を思い出しながら千夏が彼の顔を見ていると、
目が合い微笑んで来ました。
つい横を向いてしまう千夏wwww
でもその後に、ダンスと出会ってくれてありがとうと言いました^^

ヴェニーズワルツは男女がリードを交代させながら進むダンス。
リーダーがふたりいるような多々良たちには良く似合った種目だそうです。
ふたりの想いがようやく釣り合って、いかにも楽しそうに踊ります♥

4種目はスローフォックストロット。

よろこびや悲しみ
愛情や憎悪
様々な感情が入り混じるダンスには深みが加わる
それでこそ
人生という限られた時間をかけて踊る意味があると思わない・・?


多々良たちの踊りを見て、
釘宮はレッスン中のマリサの言葉を思い出します。
ただダンスが楽しくてしょうがないという多々良組。
自分たちは地獄を抱えて、逃げ出したくても離れられない何かがあるのです。
結局はダンスが好きってことなんじゃないでしょうかね・・

最終種目クイックステップの前。
多々良は応援してくれる皆を確認します。
このどこかに仙石もいる。
そう思いながら踊り出します。
踊りながら色々なことを考えています。
多々良の母って彼を置いて出て行ったの?@@;
自分を見て欲しいという強烈な想い。
ずっと昔からそういう想いがあったのかもしれないと思ったり。

ねぇ多々良 踊り足りないよね

と千夏。
これからもパートナーでいたいと言いたいのじゃないのかな。

ダンスはキャリアで踊るものじゃない。
と兵藤が言っていましたが、ま!これはフィクションですしね^^;
優勝は現実ではありえない多々良組☆彡
審査員が他の人は釘宮組に入れるだろうと革新的ペアを推したというのもあったのかな。

コールされても呆然としている多々良。
思わず多々良の頬にキスをする千夏wwww
優勝したことよりも、これからも一緒に踊り続けられることがうれしかったんじゃないかな?

名誉のオナーダンスを踊る多々良と千夏。
何を踊ったのかな?

多々良の成長に脅威を感じ、自分ももっと頑張ろうと思う雫。
兵藤にも賀寿にも真子にも、釘宮ペアにも影響を与えました。
最後は仙石に向けたワンコの笑顔☆彡

スポーツマンガ(アニメ)って初めが面白いのよね。
その面白いところで終わったって感じ。良かった♪

後からじわじわ。
千夏って多々良のことが好きなの?
そうなのかな~と思うエピソードはあるけど、
だとしたらちょっとわかりにくかったな^^;
そ、
後から考えたら、
千夏も幼い頃、兵藤組のダンスを見て、
いつか自分もあの人たちと同じフロアで踊れるかな・・とあこがれていたような?
多々良との出会いは奇跡みたいなものですね☆彡

原作者の竹内友さんは大学の競技ダンス部に所属していたそうで、
彼女の考えが多々良と千夏のカップルに反映されているんじゃないかな?と。
男性上位が基本みたいなダンス界。
だけどリーダー経験者の女性ダンサーも多いはず。
ダンスが好きで女性同士のカップルでダンスを続けてきた人たち。
そういう女性が新しいダンスの可能性になるのでは?
・・なんて。

原作コミックを電子版で読んで追いかけてアニメを見ましたが、
制作会社が良かったかな~
作画、動きの誤魔化しがなく良かったです~
これをなんちゃってな感じで映像化したらこんなに夢中になれなかったと思う^^;
OP、EDもそれぞれ良かったな~♪
スタッフさま、素敵な作品をありがとうございます!お疲れさまでした!

一緒にドアを開けて