2018.02.23

福岡 宇美八幡宮

今日は予定が空いたのでどうしようか?
リカちゃん展でも行こうかなんて考えていましたが、
昨夜ダンナに「近くでどこか行った方が良い神社ある?」と訊いたら、
「宇美(うみ)八幡宮がすごいパワースポットらしいよ」と教えてくれたので行って参りました。

昭和の鳥居
その奥は元禄の鳥居
そのまた奥は注連縄掛石

1 昭和の鳥居

手水舎
鳩も水を飲んでいました^^;

2 手水舎

神門

3 神門

拝殿
祝詞?が聞こえていました
安産・育児の信仰が篤い神社なので、
赤ちゃん、子ども連れのご家族、若い男女等々がひっきりなしに参拝し、
御祈願される方も多いです。平日なのに!

4 拝殿

湯蓋(ゆふた)の森
神功皇后が応神天皇をご出産された際に、
このクスの下で産湯を使われたとき、枝葉が産湯の上に蓋をしているように見えたことから、
この名がついたといわれています。

5 湯蓋の森

衣掛(きぬかけ)の森
神功皇后が応神天皇をご出産された際に、
産衣を掛けられたところから名づけられたといわれています。
どちらも樹齢二千年以上といわれる一本の楠木です。
感動、感慨。
言い表す言葉を知らなくて・・

6 衣掛の森

湯方社(ゆのかたしゃ)と子安の石
お産の鎮めとしてこの「子安の石」を1個預かって持ち帰り、
御願成就の後は生まれた子どもの成長を願って、別の新しい石に名前、性別等を書き、
預かった石と一緒に納めるというのが慣わしとなっています。

7 湯方社と子安の石

産湯の水
応神天皇ご誕生の際に、ここの湧水を産湯につかったといわれています。
水が湧き出ているようです。

8 産湯の森

子安橋
稲荷社の横に「奥の院」がありますとあったので平成の鳥居から出て行ってみると、
宇美川と県道の上に掛かる橋がありました。

9 子安橋

橋から右手、上流

11 宇美川右

左手、下流

10 宇美川左

この先は宇美公園にもなっているのです

14 子安橋から奥の院を

奥の院の鳥居

12 奥の院の鳥居

胞衣ヶ浦(えながうら)に建つ祠

13 奥の院 胞衣ヶ浦(えながうら)

宇美駅
博多→長者原→宇美と一回乗り換えて来ました。
長者原と書いて「ちょうじゃばる」と読むのです。
面白いね^^

宇美駅

帰って来たダンナに「宇美八幡宮行って来たよ」と言ったら驚かれました。
行くと思わなかっただってww
御朱印をいただく時、
巫女さんに番号札をもらってお隣の待合室で待っていて下さいと言われたのでずっと待っていたのに、
なかなかお声がかかりません。
男性が守札授与所から出入りする時に気づいてくれましたがなんだかな~
社人の対応はアレでしたが、
こんなにたくさんの方がお参りに来るのですから神様はいらっしゃるのでしょう。
最近はお礼参りに来れないだろうからと感謝だけ述べ願いごとをしない私ですが、
主なご信仰にない願いごとと約束をしてしまいました・・

宇美八幡宮
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/111-15433cd2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する