2018.03.18

誰の上にも時は流れる

梅シロップの冷やし白玉食べたい・・


『3月のライオン』 第41話 Chapter.83 ここにいること

毎年恒例の夏の商店街の祭り。
三日月堂の屋台のメニューをひなたたちが考えています。
本当に素敵な姉妹だなぁ。
『3月のライオン』は食べ物のシーンが多くないですか?
しかも皆おいしそう!
器は使い捨てじゃなく零に手伝ってもらおうとか唐突wwww

おじいさんが美味しいと褒めた梅シロップは佐倉ちほが作ったものでした。
夏休み、ひなたはあかりと一緒にちほに会いに行ったのです。
心の傷は深く、だいぶん良くなった今でもまだ色々な症状が出るちほ。
なんとも言えないです・・

三日月堂の冷やし白玉シロップは大好評。
零は手際よく大いに役に立ったと☆彡
高橋勇介も来てくれて・・巨人かっっww

Chapter.84 夏休み(1)

祭りの屋台は盛況でしたがサービスし過ぎで純利益はイマイチだったらしい^^;
でも、
お客がたくさん来てくれたお陰で定番のお菓子もよく売れたらしい^^v
テストがあるのに心はもう来年なひなたでしたww

最後はひなたのクラスの新しい担任のお話。
国分先生は忙しくて掛け持ち担任は無理なのです。
若い教師はへなちょこだけど言ってることは正しいですよね・・

テスト勉強もせず、お菓子のデザインを考えながら猫と寝てしまうひなた。
三日月堂は安泰ですね^^

誰の上にも時は流れる
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/134-7962de1e
この記事へのトラックバック
ひなたたちが、夏祭りに出店を出すお話でした。 あかりとひなたは、お祖父さんから今年の夏祭りの出店を任されました。あかりとひなた、モモは、その準備に余念がありません。メインとなるのは、白玉だんごを使った冷やし白玉シロップです。いろいろと試行錯誤した結果、シロップはちほが作った梅シロップを使うことにしました。 当日は、零もお手伝いとして参加しています。日頃いろいろとお世話になってるし...
3月のライオン #41 | 日々の記録 at 2018.03.27 00:12
この記事へのコメント
梅蜜は作った事はあるけど
グレーテルのかまどで梅シロップの話しがありました。零くんは
擬音が現れる様にテキパキと(笑)。
お菓子のデザイン可愛くて小紋の模様みたいな
テスト受験
高校…
ちほちゃんは、同じ年頃の子と接する事が出来ない
不登校のまま。
ひなたのクラスの新しい担任の先生は、内申書に正直に書くと
高城さんどんなに成績良くても高校は?
ちほちゃんは高校どころじゃない
それくらいしないと不公平だ。
あの3人がした事は、ちほちゃんの人生を傷付けた
そのペナルティーは受けるべき。
Posted by ミント at 2018.03.20 00:55 | 編集
ミントさん、ご訪問ありがとうございます。
グレーテルのかまど見かけたことあります。
梅シロップ作りもあったんですね。
零くんがここまでやるとは思っていませんでしたww

>お菓子のデザイン可愛くて小紋の模様みたいな

ひなたはデザイン系の学校が合っているかもしれないと思いました^^

>ひなたのクラスの新しい担任の先生は、内申書に正直に書くと

先生ああは言っていたけど実際はわかりませんね。
だって3年生の担任というのは生徒を高校へ進学させるのが一番の仕事かなと思うので。
つくづく不公平だと思います。。。
Posted by ハトはは at 2018.03.21 01:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する