FC2ブログ
2019.08.24

劇場版おっさんずラブ

ネタばれありです^^b


『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』 2019年 日本制作

TVドラマも見ていないのに誘われて行って参りました~♪
サラリーマンのBLものと言って良いのですかね?ww
ドラマを見ていた方が楽しめたかもしれませんが、そうでなくても面白かったです^^
内心ツッコミまくりでしたがねww
ラブなのに、それらしい描写はないんだなと思っていたら、
ラストにぶちゅーーー
ぃゃ~
イケメン同士でも私にゃキツかったですwwww

私的に一番ウケたのは、
吉田鋼太郎さん演じる黒澤武蔵と沢村一樹さん演じる狸穴迅が睨み合って顔を近づけ、
キスするんじゃないかというくらい顔を近づけww
最終的には鼻先をこすり合ったところwwww
なんかやらしい!wwwwwwww
狸穴は悪い奴だろうと思ってたら意外に良い人で、
うどん屋さんの息子だったとはね。
壺のおじいさんは救世主になると思ってました。
しかし、
そんなに大切なものなら自転車であんなふうに運ぶなや!ww

実は実写版『ハガレン』以来の映画館での映画鑑賞。
久々行ったら上映前の注意の細かさに驚きました。
まぁ、人の迷惑にならない程度には控えめの方が良いでしょうが、
上映中は会話をするなとか、
そこまで制限されなきゃイケナイものなの!?
あと、館内が寒過ぎてお腹にキてしまいました++;

劇場版おっさんずラブ

スポンサーサイト



Posted at 23:59 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2019.08.06

この世界の片隅に

呉の白いタンポポを見てみたいなぁ


『この世界の片隅に』 2016年 日本制作

北條すずを「のん」が演じるのは知っていましたが、
細谷さんがそのお相手役と知らなくて私にとってはうれしいサプライズでした♥

昭和8年の広島。
現代の原爆ドーム周辺を歩いたので川の感じわかります。
賑やかな町の様子。
原作はどの程度だったのか、よく調べたのでしょうね。

周作さんや。
あなたがすずと会ったのはまだ幼い頃でしたよね。
その想いを何年も抱いて成就させるとは、なんと乙女ちっくな (*゚ー゚*)
ふたりが出会った人さらいのエピソードは現実にはどういう話だったのでしょうか・・?
結婚の話はあっという間にまとまります。
すずに不安はなかったのでしょうか?
肝が据わっているなぁと思いました・・けど、
ハゲが出来たということはそれなりに大変だったと?++;

私たちから見たら道端の雑草も食卓に並ぶ食糧難の時代。
料理の様子はちょっと楽しそうでした。
楠木正成公はこの頃は広く尊敬されていたんですよね。
この膨らんだご飯はどんな味だったのか^^;

戦時色はどんどん濃厚になり、ご近所と協力して防空壕を作ります。
港と船のスケッチをして憲兵にスパイと疑われたすず。
姑と義姉の表情。
憲兵に対して「すずはそんな子じゃない」と怒り出すんじゃないかと思ったら、
このすずがスパイなわけないだろうと笑いを堪えていたのでしたww
そうですよね。
この時代に憲兵さんに何か言えるわけない。
しかし、
良い家族^^

井戸のところでばったり会っただなんて、
たぶんすずに会いに来た哲。
その晩、納屋の2階の哲のところへすずを行かせて玄関の鍵を閉めた周作。
驚いたわ。
もう会えないかもしれないからと、自分の妻を・・
戦時中には死にゆく兵隊さんのためにと、そういうこともあったんだろうか・・

昭和20年。
ラッパの音が響いたと思ったらアメリカ軍の飛行機が攻撃してきました。
呉の港は軍港だけど、住宅地に容赦のない機銃掃射。
お義父さん、撃たれたのかと思ったよww
ここいらから畳みかけるように空襲。
空襲警報。
そして、
帰って来ないお義父さんが怪我で入院していたのがわかったのに、
悲劇が起こります。
あの可愛らしかった晴美が・・
すずも右手を失います。
私はお義姉さんの方を心配していたのに何ということでしょう・・

屋根を突き破って落ちてきたのは焼夷弾?時限爆弾?
すずの捨て身の消火。生活、命、蹂躙されることへの怒りからでしょうか。
また空襲警報。
鷺を追って通りに出たすずは危うく機銃掃射に当たるところでした@@;
愛用していた布製カバンも哲にもらった羽もノートもバラバラ。
ものすごい破壊力です。
非戦闘員の女子どもを狙い撃つパイロットの神経はどんなものでしょうか?
個人の体験談として「笑っていた」というのを見るにつけ信じられない気持ちです。
欧米人にとってはウサギやキツネを撃つのと同じ感覚なのか。

すずは何もかも嫌になったのか広島へ帰る決心をします。
結婚して1年半。
帰っちゃ駄目だ。危ない!
と思ったら、お義姉さんの本音を聞いて帰るのを思い止まります。
広島の原爆の光の後の衝撃波。
こんなんだったんだろうか。
広島の回覧板やら戸板やら飛ばされて来たんだろうか・・

何でも使こうて暮らし続けるのが うちらの戦いですけ

玉音放送。
軍艦青葉は帰って来たんだねぇ。
(追記:青葉は大破していて修理の見込みが立たず呉工廠近くに繋留放置されていたんですね^^;)
広島から母を亡くした女の子を連れ帰るすずと周作。
その後を生き続けるのも戦い。
皆で助け合って生きるのです。

泣いたなぁ。
泣くべかざるところでも泣いちゃうの。


追記
広島、長崎の種類の違う原爆。
日本国中大被害の空襲。
機会あるごとに言いますが、非戦闘員への攻撃は国際法で禁止されています。
これは戦争ではなく、ただの大量虐殺です。犯罪です。
アメリカはどうやったら日本の町を効率よく燃やせるか、
ユタ州の砂漠に日本家屋を建てて実験までしてましたからね。
欧米は自分たちの植民地を奪った、
唯一植民地にならずに自分たちに盾突いた日本人を殲滅する気だったんじゃないでしょうか。
敵国のプロパガンダの中にどっぷり浸かりながら生きているような私たち。
戦争は今も続いている気がします。
この世界の片隅に、自身が平和を体現し生きること。
それが私たちの戦いなのかもしれません。

この世界の片隅に

Posted at 18:47 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2019.01.14

メメント

真実・・


『メメント』 2000年 合衆国制作

年末に録画したのをやっと観ました。
もろネタバレしますよ~!

目の前で妻を殺され、頭を壁の鏡に打ち付けられ、
主人公レナードは10分間しか記憶がもたない前向性健忘という記憶障害に侵されます。
ポラロイド撮影やメモやタトゥーを頼りに犯人を追うレナード。
最初のシーンがラストで、ジグザグに時を遡って見えた真実とは・・

「難解」ということで、
ネタバレブログ等を色々見ちゃったんですがww
2週間経ったので全て吹っ飛んでいましたwwww
一番嫌な奴はナタリーでしたね。
そして、核心をつくことを言ってたのも彼女だったな~
最初に撃たれたテディ。
レナードに親しげに接っしていたのは彼を知っていたからなのね。
テディが生きていれば犯人たちへの復讐の隠蔽も出来たでしょうが、
殺してしまったらそのうちレナードも捕まるんじゃないかな。
それでも、
何度真実を聞かされても彼はすぐ忘れてしまう。
彼は罪を償うことになるのでしょうか?

たびたびレナードの回想話に出て来たサミー。
テディに言わせると彼は詐欺師で妻はいなかった。
レナードは自分を守るため、
無意識に前向性健忘になる前の記憶の改ざんをしてしまったのでしょうか?
妻はあの後も生きていた。
彼女を死なせたのが自分だなんて、耐えられないでしょうね。
ある意味、レナードこそ精神疾患だったのかな。
真実を追い求め、辿り着いたとしても絶対救われない。
とうとう自分で自分を騙して真実を封印してしまったレナード。
忘却は救いなのかもしれないと思いました。

メメント

Posted at 23:59 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2018.07.03

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

WCダイジェストで見ましたが凄かった@@;
惜しかった><。


『劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~』 2014年 日本制作

TVでやってたんで録画して観ました~

巨人の襲撃から逃げろというのに、自分を助けようと動かないエレンに

どうしていつも母さんの言うことをきかないの!

最期くらい言うことをきいてよ!


という母の叫び。
と、
死んだと思っていたエレンが巨人のうなじから出て来て、
それを抱きしめて心臓の鼓動を確かめて子どものように泣きじゃくるミカサ。
と、
人類は今日 初めて 巨人に勝ったよ

というシーンはやっぱり泣けた><。

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

Posted at 23:59 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.02

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード

クリアカード編がEテレで放送されることになりましたね☆彡
その番宣的なものなのか映画が放送されました。


『劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード』 2000年 日本制作

テレビシリーズは1998年から2年も放送されていたんですね。
登場人物たちが可愛くて大好きでした。
(さくらが水族館の水槽?に閉じ込められた時、
雪兎が斧?でガラスを割ってさくらを助けた話がメチャ萌えました!)
当時としてはクオリティ高い方だったと思いますが、
現在と比べるとこんな感じだったのか~とアニメの進化を感じますね~
「封印されたカード」はテレビシリーズのその後のお話でした。

初めの方はさくらがずっともじもじしててじれったかったです。
こんなにこんなに小狼のこと、好きだったっけ?と、
唐突に感じるのは私が昔のストーリーを忘れているからでしょうか^^;
それが、
あれだけもじもじしていたのが最後に「大好き!」と小狼の方へジャンプするとか☆彡
急に変わり過ぎだろとww
でも、なんか、

届けてこの声を

伝えて今すぐに

の歌声が聴こえたら、ちょっと泣けちゃいました^^;

エンドクレジットに川上とも子さんの名前を見つけ、切なかったです><。

劇場版カードキャプターさくら 封印されたカード

Posted at 23:59 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2018.01.04

君の名は。

Gremzキーワード: 京都議定書!
明日、ざっくりとひと言感想を書きたいと~^^;


『君の名は。』 2016年 日本制作

あらすじほとんど知っていたのでわからないことなかったけど、
友だち言ってたところの全然わからなかった感はわかりました。
ツッコミどころ満載でしたが、私は面白かったです。
『秒速5センチメートル』で別れたふたりを再び結びつけるようなお話と思いました。
ただ、
娘は何回観ても涙と鼻水がぁ~と言ってたけど、
私は泣くほどじゃなかったかな^^;
宮水神社の御神体のところで瀧が三葉の過去を見るシーンの方がぐっと来たな~
星空、自然、田舎の風景、都会の風景、映像美は本当に素晴らしかった。
ふたりが入れ替わってドタバタやってるのを「前前前世」の中にまとめちゃって、
意外と早く入れ替わりがなくなったな~・・というところからが本番。
変電所爆破のシーンは、
これで彗星の被害なかったら3人とも少年鑑別所じゃないか?と思ったりww
ふつーそこまで協力出来ないと思うけど、
それまでの彼らの関係とか考えてることの積み重ねの表現があるので取りあえず納得。
歩道橋で一度すれ違ったふたりをじれったく思い、
それが、平行して走る電車の中で顔を見たとたん突き動かされてって、
ここ、東京ならではというシーンですよね。
ラストに出会った場所には「ここか!」という感動があるかと思ったけど、
意外とあっさりだったなと^^;
娘から階段は時間軸?を表していると考察してる人もいるよと聞くと、
なるほどなとも思ったり。
録画してもう一度観てみたけど二度目も引き込まれました。
ダレさせずにぐんぐん引っ張る作りが成功のモトかなと^^

映画の前に『秒速5センチメートル』と『星を追う子ども』を深夜放送してて、
途中から気づいて録画したんだけど、
(『秒速5センチメートル』は以前動画視聴済み)
どちらも面白いところもあるんだけど視聴するのが苦痛なんですよね^^;(個人の感想です)
『君の名は。』はどうして見やすくなったのかな?
メジャーを意識してプロデュースした人がいたような?
視聴率でアナ雪に負けたのは悔しかったなwwww

藤井司役を島﨑信長くん、
高木真太役を石川界人くんが演じてたと後から知ってひとり盛り上がりましたww

君の名は。

Posted at 23:59 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2017.12.06

鋼の錬金術師 (実写映画)

Gremzキーワード: 地球温暖化!
良いお天気でした~


『鋼の錬金術師』(実写映画) 2017年 日本制作

誘われて、レディスデーに行って参りました実写版ハガレンww
(前は1000円だったのにいつの間にか1100円になってました++;)
色々覚悟はしていったものの、エドアルのママンがあっっと倒れる場面に、
いや、ちびエドアルを見た時から、ツラ・・^^;
で、お次のド派手アクションシーンで掴みを~というところなんですが、
なんせアニメが良過ぎたので単調に見えてしょうがない。
アニメは軽やかにしびれるほど恰好良くよー動くもん。
コーネロ教主が石丸謙二郎さんなんだけど、もっといかにも悪人顔な人の方が良かったかな。
マルコー役の 國村隼さんと逆の方が良くない?( 國村さんごめんなさい!
豪華な海外ロケもモブさんが皆日本人。
屋外舞台芝居かよと思ったり^^;
(でもそうだよね。主要人物だけ日本人であと欧米人もおかしいか++;)
内心全編にツッコミを入れながら段々慣れてゆきますww

マスタング大佐役はディーン・フジオカくん。
ちょっとスマート過ぎな気が。
ヒューズ中佐役は佐藤隆太くん。
ぅぅん・・
良かったのはラスト役の松雪泰子さんですね!
こういう役って安っぽくなりがちと思うんですが、色っぽく美しくメッチャ安定感ありました。
グラマーでビッチな雰囲気のアニメのラストとは違うけど良かった~
エンヴィー役の本郷奏多くんも良かったけど、曲がった口元が上野さんでしたかねww
グラトニー役の内山信二くん、いっそCGで大きめに映せば良かったんじゃ?
あと、
ショウ・タッカー役の大泉洋!洋ちゃん良かった~
ニーナ役の女の子が出て来た時には泣いちゃうかもと思ったけど、大丈夫でした。
不覚にもw泣きそうになったのは、
本田翼ちゃんのウィンリィがアルを殴ってエドの弁護をしたシーン。
あそこらへんのエピソードは兄弟の絆の再確認のために必要だったんだな。

賢者の石の作り方を知ったエドはそれを使うことが出来ませんでした。
でも、諦めない!
で、
エンドクレジットの後に続編を匂わせるシーンを・・

観る前は、もしかしたら寝ちゃうかも。寝てたら起こしてね^^;
なんて話していたのですが、ちゃんと最後まで観ることが出来ましたよ^^b
エンドクレジットが終わって館内が明るくなるまで誰も席を立たなかったのに驚き。
もしかしたら、
最近の映画はエンドクレジットの後にオマケ?(オチ?)が付いてるのが多いのでしょうか?
相当覚悟wしていったせいか、思ってたより楽しめましたよ♪ 慣れるまではちょとツラいかもww

追記:オマケのシネマコミック ネタバレ注意

ハガレンオマケ

オマケうれしい☆彡
エドが国家錬金術師に受かったあたりの話をショウ・タッカーと繋げた巧さ!
と、残酷さ><。
彼の狂気を引き出してしまったのはエド・・だとしたら・・
奥さんがもっと「勘の良い」人だったらニーナは助かったんじゃないかと思ったり。
スカ―とあのシーンを省略したのは尺の関係かと思っていたけど、
子どもが観るかもしれないから実写だとやっぱり生々しく残酷過ぎるからということ?
ウィンリィのドレスが時代設定的にもデザイン的にもどうなのアレ++;
町や村の人たちの衣装はもっと素朴な感じに、せめて洗濯したり少し汚した方がイイ。
メイク髪型もきれい過ぎ。
ロケ地に恵まれたりCGの進歩に助けられたり、
確かにアルの動きとか違和感なくスゴイと思う。けど、
映画は細かいことも見えてしまうから、気を配るとイイのになと思ったり。
さて、興行収入は・・?

鋼の錬金術師 (実写映画)

Posted at 23:59 | 映画 | COM(0) | TB(0) |