FC2ブログ
2018.09.30

それが私たちの仕事なんだから!

台風怖いよ~><。


『はたらく細胞』 第13話 出血性ショック(後編) 最終回

おーい! 誰かいないのかーっ!?

壊れた世界を走る白血球。
やっと見つけた一般細胞に聞いた話では、
たくさんの血球たちが傷口に向かって飛ばされて行ったと・・

細胞たちに酸素を運ぶ赤血球たちがいなくなると、
細胞たちは酸欠で死んでゆくんですね・・

生き残った赤血球は頑張って酸素を運んでいますが、
細胞が酸素をくれと言ってるのに「どうしたんですか?」もないもんだww
早く酸素を渡せ!wwww

酸欠を防ごうと肺がフル回転で酸素を取り入れても、
それを運ぶ赤血球(血液)がないと細胞が活動出来なくて体温が下がるんですね。
赤血球の仕事を後押しするぞー!と血圧を上げたら、
逆にまた大量出血しちゃった?@@;
少ない赤血球たちが頑張っても低体温が止まらない><。
もうダメかと思ったその時、
どこからともなくたくさんの赤血球が現れました☆彡

輸血だー ∩(´∀`)∩
訛ってるし、
雪だるまとか作っちゃってるしwwww
彼らが大量に酸素を運んでくれたお陰でこの世界は救われました^^
新人研修もなんかイイ感じで終わりましたww

今日も細胞たちは元気に働いています

ん。
働く細胞たちに感謝ですね^^b
細胞たちの擬人化。勉強になったし面白かったです♪

それが私たちの仕事なんだから!

スポンサーサイト
2018.09.29

ぐだぐだしてました^^;

明日、何か記事を書ければなと・・

2018.09.28

おなかいたい

ねます++;

2018.09.24

神にも等しい力を欲し

まとめて明日~
頑張りまっす^^;


『進撃の巨人 Season 3 』 #47 友人

ケニーは延命のために巨人化しようと思っていたわけではなく、
それどころかこの巨人化の薬を託そうとリヴァイが来るのを待っていたようです・・

ケニーは王族の巨人の力の継承者と友人だったのですね?
ケニーはやっぱりリヴァイのおじさんだったのですね。
ケニーは幼いリヴァイに自分自身の力で生き延びられる術を与えると去って行った。
だからリヴァイはケニーのフルネームを知らなかった。
迫害に遭わないようにリヴァイの母は彼の姓がアッカーマンと教えなかった。
その他色々謎が解けました。
王の犬のように見えた非情な人々にも従う理由があったのですね。

すべては無意味です

夢も希望もないという目をした憲兵団。
ケニーは巨人の力を手に入れ、ウーリの見た景色を自分も見てみたかった。
その上で、やっぱりもっとマシな世界を作りたかった・・んじゃないかな・・?
それが叶わないと知り、瀕死の状態になって、
この世界に何か良きものを遺したくなった・・?

ヒストリアが巨人討伐に参加したがったのにも理由がありました。
国の情勢を安定させるため。
思惑通り、民衆に熱狂的に迎えられ、彼女は真の女王になりました。
戴冠式を終え、
ヒストリアはミカサの言ったとおりリヴァイを殴りに行きます。
殴るといっても大した事なかったけどね^^;
ヒストリアを煽りながらも汗っっな仲間たちww
殴った後、皆「本当にやったぜ@@;」と驚いていましたwwww
ミカサだけは「ニヤリ ( ̄ー ̄)」としていましたwwww
ミカサは以前、エレンをボコボコにされたことを根に持っているよね~
エレンが最初から最後まで一番ビビッていたwwww
大笑いしながら「どうだ~」と言ったヒストリア。
ふっと笑うリヴァイ。
一瞬で皆の顔色が変わるwwwwwwww
しかしリヴァイの言うことにゃ。

お前ら ありがとな

リヴァイは今まで多くの仲間を失いました。
今回の一連の任務も、仲間も自分もいつ死んでもおかしくない危険なものだった。
それを、一緒に最後まで遂行してくれた。
そういう「ありがとな」かな?と・・
軍隊においてそれは当たり前のことなのかもしれません。
だけどこういうひと言あるのがリヴァイなんですよね。
最高かよ^^

場面変わってライナー巨人が倒されたよ@@;
獣の巨人の肩に立っていたのはエレンの父ではなく違う人でした。
この人もエレンの父の兄弟とかじゃないよね?

次回 【傍観者】

神にも等しい力を欲し

2018.09.23

生命に関わるレベルのダメージ

お墓参りに行って来ました~
記事は明日書きたいと思います~


『はたらく細胞』 第12話 出血性ショック(前編)

まだ本人も一人前とは言い難いのに、
赤血球が新人の教育係を任せられるというお話^^;
もぅ見た目からして新人の方が先輩みたいな^^;;
声は石川由依さん。ミカサでした☆彡
仕事内容も教えることがないほど優秀で見ててツラかったわ><。
白血球は仕事中とプライベートのギャップがヒドいなww
赤血球がなんとか先輩らしく頑張っていたその時、
この世界(人体)に何か大きな問題が起こりました。
この政治家みたいな細胞たちは?脳?
緊急事態の発生で皆はそれぞれの仕事にいつもより集中します@@;
体温が上昇していないのに冷や汗が出る仕組みって何なのでしょうね?
血球がいないってどうして?
この人体はどれだけの怪我をしたのでしょうか・・?

次回最終回 【出血性ショック(後編)】

生命に関わるレベルのダメージ

2018.09.22

その先にあるはずの光

ざっくり~


『ハッピーシュガーライフ』 11th Life 永遠の一瞬を、貴方と。

あさひは三星くんがさとうとグルだと気づき、
三星くんを脅してさとうの住所を探ってくるよう命令します。
しおちゃん会いたさにあさひに住所を知らせずマンションに向かう三星くん。
そこには彼の最も恐れるものが・・

あ~らら。
それにしても、さとうの過去話。
汚れたファンタジーみたいな・・現実味がナイ^^;
あのキチ〇イおばさんはどうやってさとうを育てたの?
無理でしょ++;
さとうはしおちゃんを連れて海外にでも逃げるつもり?
さて、
最終回はどんな結末になるのやら・・

次回 【ハッピーシュガーライフ】

その先にあるはずの光

2018.09.21

アイムソーリー

う~ん・・


『BANANA FISH 』 #12 持つと持たぬと To Have and Have not

アッシュが潰させていたのはオーサーの手下も含むかもしれん、
ストリートギャングのグループのリーダーだったりもするの?
アッシュは今まで自分から手を出したことはなかったそうな。
それが、「逆らうようなら殺せ」だと・・

ゴルツィネの陰謀のからくりは筋が通っていると思うんだけど、
アニメにするとよりリアルさが求められるんじゃないかな。
でないと違和感とか疑問とか色々湧いてきて、陳腐に見えてしまうのは私だけ・・?
ひとりであちこち動きまわるアッシュ。
10日間、英二は外に出さないって言ってたのに、
図書館に来た英二を怒りもしない。
食事やハロウィンの和みシーン。
ケンカと和解。
なんか色々つっこみたくなるの~

オーサーはアッシュを「アイツは死ぬのが怖くない」って言ってた。
アッシュは自由を求めて戦っているらしいんだけど、
もうね、敵が大き過ぎちゃってそれでも止められなくて、
自分でも半分覚悟をしてるみたいで、
破滅に向かって突き進んでいるみたいでイヤンだなぁと・・

アイムソーリー

2018.09.17

真の王として

あした~
感想書きたいです~^^;


『進撃の巨人 Season 3 』 #46 壁の王

エルヴィンがオルブド区の住人にこのまま留まってもらうと言ったのは、
混乱を招くばかりで無理だからかと思ったら、
レイス卿巨人がより大勢の人間が密集する方へ吸い寄せられる奇行種で、
住人をウォール・シーナへ避難させればもっと人類の破滅的被害を被る恐れがあるからでした・・

レイス卿は王族だからエレンの言うことをきかなかったのね。
「このチビオヤジ!」と叫んだ後のエレンのしまった@@;という顔がww

調査兵団と駐屯兵団。
兵士たちが命を懸けて巨人と戦おうとしているのに、民衆というのは勝手なものです。
「偽物でも無害な王の方がマシ」などと言い出します。
そこへ巨人を攻撃するたくさんの大砲の煙が・・

寄せ集めの兵士は結局役に立たなかったので調査兵団と巨人エレンの出番です。
巨人を迎え撃つ準備をしながら、強くなったヒストリアを見て己の弱さを思い知らされるエレン。
投げやりな気持ちになるエレンに喝を入れるのはアルミンとミカサです。
皆が強くなったのですね。

とうとう壁をつかみ立ち上がったレイス卿巨人。
地面を這ってすり減った顔と腹@@;
キモいわ!
巨人の身体の中に爆弾をぶち込んで、吹き飛んだ肉片の中から本体を切り裂く作戦!
止めを刺したのはヒストリアでした。
瞬間。
彼女の中にレイス卿の記憶らしいものがフラッシュバックします。
ヒストリアの母の最期に冷淡と思ったけど、そうではなかったのね。

それにしてもヒストリアの運の良いこと。
クッションになるような荷馬車?の上に落ちるとは。

私はヒストリア・レイス この壁の真の王です

民衆は彼女を認めますよね?
王自らが戦って人々を守ったのだから。

これでいったん治まったかなと思ったら、
ケニーが巨人化の薬を@@;
ケニーの過去シーン。
彼もただの狂気の人じゃなかったんですね。
自分がこの世界の王になろうと思ったのには理由があった。
もっとマシな世界に作り替える!とかの野望だったのでは?

次回 【友人】

真の王として

2018.09.16

体温調節システムを維持せよ

これ、真夏にやれば良かったのに^^;


『はたらく細胞』 第11話 熱中症

熱中症になるメカニズムをざっくりとね。
身体の冷却機関の貯水槽が空になって体温が上がった時、
赤血球たちが皮膚の近くの毛細血管を歩いて放熱しようと頑張ります。
そんな時でもお構いなしに出没する細菌。
白血球がやっつけますが暑そうです^^;
血小板ちゃんはいつも癒し要員♥

めまい、立ちくらみ、失神。
この身体、マズイよ!
更にセレウス菌とか出て来たよ@@;
白血球も熱中症のせいでやられそうだよ><。
とうとう汗腺細胞隊長が雨乞いを始めたよ^^;
神頼みだよ++;
もうダメか・・と、思った・・ら!
輸液注射☆彡
首とかわきの下とか涼しいって^^
お互いを団扇であおぐ血小板ちゃんたちが可愛い♥
この身体の主は病院で点滴でも受けたのかな?
この世界が終わらなくて良かったです^^;

次回 【出血性ショック(前編)】

体温調節システムを維持せよ

2018.09.15

はじめてのお城を捨てる時

ねむー・・
明日感想書きたいです・・


『ハッピーシュガーライフ』 10th Life 星空プロポーズ

さすがに友だちだった子を殺して後片付けをしたら心身共に疲れたのでしょう。
さとうは倒れるように眠ってしまいました。
そんなさとうを助けようと頑張るしおちゃん。
しかし、この過去回想の母の幼さ、
それに反してしおちゃんのモノローグが小さい子らしくなくてなんだかなぁと・・

さとうとしおちゃんの仲も最終的にイイ話な感じになったけど、
ふたりのしあわせを守るためにさとうは許されないことをやってるんだからね。
キモチワルイなぁ。
あさひはしおちゃんを探し出せるのか?
あさひもなんか怖いよ><。
あの火事の中、ふたりはどうなるのか・・?

次回 【永遠の一瞬を、貴方と。】

はじめてのお城を捨てる時