FC2ブログ
2019.04.28

藤の花の牢獄の中で

疲れて~++;
明日、なんか書きたいと思います~・・


『鬼滅の刃』 第四話 最終選別

錆兎と真菰は最終選別で鬼に殺されていたんですね@@;
炭治郎にあれこれ教えていたのは幽霊だったのか・・!?@@;;

お前を 最終選別に行かせるつもりはなかった

もう 子どもが死ぬのを見たくなかった

お前に この岩は斬れないと思っていたのだが

よく頑張った

炭治郎 お前は すごい子だ


左近次に(初めて?)ほめられて炭治郎は涙をこぼします。
そんな炭治郎を抱きしめる左近次。
最終選別に送り出す前夜、左近次は炭治郎に出来る限りのごちそうを振舞います。
炭治郎は純粋に喜んでいますが、
左近次は複雑だったんじゃないかな。
ここまでの努力を認めて炭治郎の希望を叶えてあげなければならない。
でも、
これが最期の夕餉になってしまうかも・・という気持ちもあったのでは?

年中狂い咲きの藤の花が鬼たちには結界。
なんと美しい結界でしょう。
人形のようなふたりの女童に送り出され、炭治郎は最終選別へと走り出します・・

匂いの方向が定まらない時は、敵は上か下ですね。
鬼2匹をまとめて退治した後、炭治郎が遭遇した鬼は・・
錆兎と真菰その他、佐近次が育てた弟子13人を殺した鬼でした。
子安さんっっ
ねっとりといやらしく凄みのある台詞。たまりませんわ++;

鬼に錆兎と真菰の最期を聞かされ逆上した炭治郎はぶっ飛ばされ気を失います。
止めの一撃を食らってしまう~><。
というところで亡くなった弟 茂の呼び声に助けられます。(ここ!ちょっと泣けそうな感じ)
新たな犠牲者を出さないためにこの鬼を倒す!と炭治郎。
だだだだ・・大丈夫だよね^^;

剣術シーンが日本的で美しく見ごたえありますね!

藤の花の牢獄の中で

スポンサーサイト