FC2ブログ
2019.06.09

南南東に進路を取れ

埋め埋め記事追いついた~^^;


『鬼滅の刃』 第十話 ずっと一緒にいる

炭治郎に首を斬られても矢印鬼は灰となって消えるまでずっと炭治郎を苦しめ続けました。
両腕がちぎれそうでも技を出し続けて受け身を取る炭治郎。
攻撃が終わった時はホッとしました++;
しかし、あばらと脚の骨が折れていました。それでも這って進む炭治郎。
それで戦えるのか?と思いましたが、禰󠄀豆子復活☆彡
手毬鬼に止めを刺したのは珠世でした。
手下の鬼には鬼舞辻の呪いがかけられ、名を口にするだけで死んでしまうと・・

ふたりの鬼は自分たちを十二鬼月と言っていましたが、実際は違いました。
珠世いわく「弱過ぎる・・」
って、これで~!?++;

最期に毬を欲しがる手毬鬼。
「あそぼ・・あそぼ・・」と・・
そんな鬼を哀れに思う炭治郎。

珠世を家族と思い抱きつく禰󠄀豆子。
珠世は禰󠄀豆子が自分を人間と思ってくれたことに涙します。
この地から去ることを決意し、禰󠄀豆子を預かろうかと申し出ます。
まよう炭治郎の手を握る禰󠄀豆子。
兄と離れたくないという意思を持っているのです^^

珠世命!な愈史郎でしたが最後にデレたよ!ww
本当は最初から美人と思っていたのに自分を否定したくてワザと悪態をついてたんじゃ?

カラスの指示に従って南南東へ向かう途中、
炭治郎はあの超ヘタレ少年に会います^^;

南南東に進路を取れ

スポンサーサイト