FC2ブログ
2019.06.29

ストレイドッグに乾杯

忘れた頃に埋め埋め記事^^;


『文豪ストレイドッグス』 第三十七話 回向 ECHO 第3期最終回

イワンの目の前にはテーブルの上にティーポットやカップが並んでいます。
次のカットではフョードルが同じティーカップでお茶を飲んでいる・・と。
すっかり私は騙されてしまいましたが、
勘の良い人は違和感を覚えたかもしれませんね。
フョードルはこのコンテナの中にはいなかったのです。
そして全編に流れる優雅なクラシックは物語の雰囲気を盛り上げるだけでなく、
フョードルがイワンに伝える指令の暗号だったとは \(^o^)/

ウィルスに感染して戦うことも困難なはずなのに、
やられてもやられても己を犠牲にして共闘する中島と芥川。
言葉を交わさずとも作戦実行しちゃうとか (≧∇≦)
最後は究極の合体技じゃあ~
芥川の黒いコートを着た中島、イイネ☆彡
こちらの反撃シーンからは軽快な「WRIGHT LEFT」が流れてて、
やっつけたところで曲もAパートも終わり♪

Bパートが始まるとあっさりウィルス解除。
フョードルは作戦失敗と知るとカフェを出ようとします。
そこに、
いつから居たのか太宰とフランシス・F・・!
このための前フリだったのね^^;

一件落着。
武装探偵社の皆は豪華客船で祝杯を挙げます。
ひとり甲板で遠くを見ている太宰は珍しくシリアス。
そんな太宰をちらと見て隣に立つ中島。
動機は違えど、芥川は凝りもせず中島を6ヶ月後コロース宣言していました^^;
中島はそれまで「殺さず」を貫くことを条件に付けました。

太宰は中島と芥川を「足掻く者」と言いました。
太宰は亡き友 織田作を想っていたのでしょうね。
自分たちの意志を継ぐ者が続くことに感慨を覚えていたのかもしれませんね。

ストレイドッグに ・・

乾杯☆彡
と、きれいなラスト。
続編作れるでしょうが、これでアニメ完結で良いんじゃないでしょうか^^;
毎度、OP・EDが良くて、
毎回、キャラたちが成長して仲間になってく感じが良かったです^^
しかし、
回を重ねるごとに敵が味方になってくのはどうかとww

ストレイドッグに乾杯

スポンサーサイト