FC2ブログ
2020.01.08

若き日々の情熱のまま

名人はJKがお好き?^^;
千早が名人に本当に聞きたかったことはなんでしょう・・?
「一字決まりの札が27枚ある」のは本当なのか?とか・・


『ちはやふる3』 第十三首 ふりゆくものはわがみなりけり

息子に「女王様 はい!」と白い花を差し出された猪熊。
初めは「まだ女王じゃ・・」とためらいましたが、
疑いもしない笑顔に応えようと思ったか花を受け取り髪に挿します。
それを見た逢坂はファンたちのハチマキを集めてたすきがけします。
猪熊が逢坂に後れを取っているように感じた桜沢先生。
そうではなく、
慎重に、確実に、進化したかるたを取っていたのです。
負けを知って猪熊は更に強くなっていました!
その頃、
千早は名人と公園でどら焼きを食べていました^^;

散歩?から戻って来た新は雰囲気が変わっていました。
祖父のかるたを取ろうと気分転換していたのかな?
千早は新に何を耳打ちしたのかと思ったら、
「新のままでは勝てない」と言ってたのでした。
原田はかつて試合したことのある名人だった新の祖父を思い出します。
試合はまるで若かりし日の原田と新の祖父のよう。
しかし、
現実の原田は若くなく、膝も限界><。
そこへ窓の外の名人の姿です。
原田は現実の世界に引き戻されて自分のかるたを取り始めるのでは?

若い頃の原田はイケメンだったし、
新の祖父の若かった頃も新に似たイケメンだったな~♥
(かるた界のアラン・ドロンwwww)

千早の無駄美人ぶりに気づかない周防。
手を引かれて楽しそうでしたww
この先ふたりはどういう展開になるのかなと^^;

若き日々の情熱のまま

スポンサーサイト