FC2ブログ
2018.02.20

福岡 立帰天満宮 光雲神社 黒瀬神社

博多駅にあったパンフレット【福岡・博多の観光地図です】を見ていたら、
わりと近くに神社があるみたい。
調べてみたら黒田如水、菅原道真を祀る神社ということで、
急に行きたくなって行って参りました^^


光雲神社(てるもじんじゃ)の鳥居

1 光雲神社一の鳥居

坂を上ってゆくと左手に立帰天満宮(たちかえりてんまんぐう)の鳥居があります

2 立帰天満宮鳥居

神社は階段を下りたところにあります

7 立帰天満宮 上から

小さな拝殿ですが毎月25日には社務所も開いて人が集まるそうな
氏子さん?が明日は弘法大師様の法要?(色々忘れて失礼します^^;)
があるとのことでお掃除をされていました

3 立帰天満宮拝殿

手水舎、梅、そして天満宮といったら牛です

4 立帰天満宮 手水舎 梅 牛

また階段を上り、光雲神社へ

8 光雲神社 弐の鳥居

鳥居をくぐると右手に水牛の兜像

9 水牛の兜像

その右手に母里太兵衛の銅像

10 母里太兵衛の銅像

拝殿
紅梅がきれいに咲いていました
しかし、
狛犬に特徴があるとネットで見たのにすっかり忘れていました++;
(狛犬の首が振り返っているんです)
あと、
手水舎も気づきませんでしたわ
立帰天満宮の手水舎にはフタがしてあって、こちらでも失念><;

11 光雲神社 拝殿

お賽銭を収めると鶴の声が@@;
そういえばこれもネットで紹介されていたなと天井の鶴を見上げます

12 拝殿天井鶴の絵

お隣に荒津神社
古くからこの山は「荒津山」または「荒戸山」と呼ばれ、
遠い昔には博多湾を警備するための防人(さきもり)がいたと言われています。
ここ荒津山に建立された「荒津神社」は、
この山の守り神として「神武天皇」と「大物主神(おおものぬしのみこと)」、
海の神「金毘羅神(こんぴらしん)」を祀ったと伝えらえています。
小さなお社ですが案内板がありました。

13 荒津神社

中司孫太郎稲荷神社(なかつかさそんたろういなりじんじゃ)
たくさんの鳥居、小さなたくさんのお社が祀ってありました
迷路のようでした++;

14 中司孫太郎稲荷神社

その中にいたにゃ~
さわらせてはくれませんでした^^;

15 にゃ~その1

展望台にいたカラス
そういえば光雲神社をお参りした後、トンビ?がピーヒョロロローと鳴いて飛んでいました

16 カラス

地図では通り抜け出来ないように見えたので山を下り、
広い道をぐるっと回りましたが中司孫太郎稲荷神社の方からも来れたのでした^^;
海が近いので道の途中カモメが飛んでるのを見ました
昔は黒瀬神社は海岸線にあったそうです
山の裏は人気のないさみしい感じの場所なので、
若い女性はひとりでは歩かない方が良いかな~

17 黒瀬神社鳥居

こちらもたくさんの鳥居が・・

18 黒瀬神社鳥居たくさん

住宅街の生活道路側からの鳥居と拝殿
古文書に依りますと
黒瀬神社は、享保二十年頃(1730年)今から約二百五十年前、
筑前国荒戸村東之鼻に勧請とあります。
等々
横に色々説明書きや古い地図が貼ってありました。

19 黒瀬神社 鳥居から拝殿

山の裏を上って光雲神社に戻るとキジトラにゃ~がいました
この子はさわらせてくれました♥

20 光雲神社前のにゃ~

福岡上空はしょっちゅう飛行機が飛んでいるのです・・

21 しょっちゅう飛んでる飛行機

後から追記したいと思いますが・・^^;

福岡 立帰天満宮 光雲神社 黒瀬神社
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/108-2e61f828
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する