2018.02.22

福岡 鷲尾愛宕神社 宇賀神社 音次郎稲荷神社

昨日ちょっと調べたら、日本三大愛宕の鷲尾愛宕神社が近くにありました。
今日はあまり天気が良くなさそうなので明日行く予定でしたが、
だんだん明るくなって来たので出掛けることにしました。
今日は神社最寄駅の室見まで地下鉄に乗りました。
地下鉄が室見川の下を通るせい?
地上へ出るまで他の駅より長かった気がしました。
駅構内の案内板を見て神社までの道をイメージします。
地上へ出たら何か見覚えあるような?バスで通ったことがある道でした。
橋の上から福岡タワーが見えます。
ぁぁ、良いお天気^^

神社への看板が出ていた急な坂を上り続けます。
ずっと住宅街が続くので不安になったり^^;
上に行くほどだんだん木々が多く山らしくなってきます。
鷺のような鳥の巣があって、
警戒されたのか突然鳴かれ羽ばたかれビックリしました@@;
と思ったら、神社の看板が目の前に・・良かった~

1 愛宕神社鳥居

ここまでも上ってきたのにまだまだ階段がありますよ。
とりあえず手水舎で手と口を清めます。
(私は水が流れていないところは口はかたちだけのお清め^^;)

2 手水舎

ハァハァ・・
やっと楼門に着きました++;

3 楼門

見晴らしの良い場所に建つ社殿です
清々しい気持ちになります

■御祭神
【愛宕神社】
火産霊神(ほむすびのかみ)・伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・
伊弉冉尊(いざなみのみこと)・天忍穂耳尊(あめのおしほみみみこと)
【宇賀神社】
宇賀魂神(うがみたまのかみ)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)・日本武尊(やまとたけるのみこと)
■ご縁起
当鷲尾愛宕神社は愛宕山(旧鷲尾山)山上に鎮座し、古くは鷲尾神社と称し、
社伝によれば、凡そ一九〇〇年前、
第十二代景行天皇の御代に伊弉諾尊、天忍穂耳尊の二柱を鷲尾山に奉祀したことを創始する。

巫女さんの笑顔と対応に和みました^^
昨日といい、御朱印の字も見事でありがたいことです

4 拝殿

宇賀神社
常連さんがエサをあげだしたら鳩がいっせいにそちらに集まりました^^;

5 宇賀神社

神馬像

7 神馬像

こちらにも牛の像が

8 牛

福岡の町を一望
福岡タワーが尖ってます
夜景も良いらしい☆彡

9 愛宕山から福岡タワー

やたっ
今日は猫の日♥
でも、この子はつれなかったです++;
近づいたら「こっち来んな」という感じで見て逃げて行ってしまいました><。

10 猫の日にゃ~

少し下りたところにお稲荷さんと愛宕地蔵が祀ってありました
京都伏見稲荷大社より勧請奉祀された稲荷神社に
宇之目稲荷大社を併祀されているとのこと

11 愛宕の稲荷神社

愛宕山ケーブルカー跡地の案内板
昭和の初めに日本で二番目、
九州初となるロープウェイ(当時はケーブルカーと呼ばれていました)があったそうです。
戦時中、男性従業員が徴兵され、
ロープ・ワイヤー・車体までも供出せざるを得ない状況を迎え、
惜しまれながらその姿を消すことになったと・・

12 ケーブルカー跡地案内板

初めに見た愛宕神社の看板の近く
音次郎稲荷神社がありました

13 音次郎稲荷神社

奥の院には小さなお社がたくさん祀られていました

14 音次郎稲荷神社奥の院

稲荷神社の方に尋ねると下の鳥居をこのまま行けるとのこと
来た時と違う道を下ります
たくさんの石が乗っているこの鳥居は小さく可愛らしい鳥居です
石は危険なので乗せない方が良いんじゃ・・?^^;

15 音次郎稲荷神社鳥居

長崎の諏訪神社を思い出すような鳥居と階段、メッチャ急だけど@@;
こちらの方が本来の参道だったかな^^;

16 愛宕神社鳥居を見下ろして

お年寄りは坂を車で行った方が安全ですね++;
駐車場からエレベーターもあるようですよ
新旧ふたつの茶屋?があって帰りに寄ろうか迷ったのですが、
来る前に駒屋さんの豆大福や道明寺を買ったのでやめました^^;

17 愛宕神社鳥居前

今日のお出掛けはこちらから
豆大福おいしかったです

18 駒屋

福岡にもありました
水曜日のアリス

19 アリスのなんちゃら

一蘭 天神店
私ずっとお土産屋さんだと思ってましたww

20 一蘭天神店

もう一度食べたい!と味集中カウンターに挑戦ww
でもね・・こないだよりおいしくなかったの (´・ω・`)
こないだよりお腹が空いてなかったから?
家族と一緒じゃなかったから?
今日のはしょっぱくて麺も気持ちやわらかめだったような
それに、ラーメンの器は長四角じゃない方がイイな~・・

21 一蘭味集中カウンターにて



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/110-5f836ca8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する