FC2ブログ
2018.04.14

敵にリスペクト

とりあえず書けるところから~++;


『銀河英雄伝説 Die Neue These』 第二話 アスターテ会戦

心配するな 私の命令に従えば助かる

そう言ったのは自由惑星同盟軍 第二艦隊次席幕僚ヤン・ウェンリー准将。
第二艦隊司令官パエッタ中将はヤンの作戦案を却下していました。
じゃあ、どうしてヤンがあの通信を?と思ったら・・

内心は高く評価していたって、
だったらヤンの作戦案をすんなり受け入れていれば良かったのにね~
「最後の瞬間に勝っていれば良いのだ」って、
真理だね。
実際はドロー。(帝国軍が負けるかと思ってたわ~^^;)
ラインハルトのなすべきことをやんわり肯定してあげるジークフリート。
ヤンはひとりで完結している感じだけど、
ラインハルトにジークフリートは精神的に必要な存在な気がする~
ラインハルトとヤンはこれから
直接対決になるたびに引き分け続けるのかな・・?

EDの男子率、おっさん率が高いww
今時の戦争ものは10代とか、女子率も高いもんね。

次回 【常勝の天才】

敵にリスペクト
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/162-9b1cdaa1
この記事へのトラックバック
第2話 アスターテ会戦 ヤン・ウェンリー准将はパエッタ中将に作戦を立案、提出していた。しかし負けない戦術ではなく勝つための作戦を求められ却下される。ヤン准将は帝国の作戦を各個撃破だと予想的中させていたのだった。第4艦隊とは通信妨害で音信不通、救援に向かいたいパエッタ中将。ヤンは第6艦隊との合流を進言するが受け入れられない。第6艦隊の友人、ラップと回線が繋がる。彼も指揮官にヤンと同じ...
銀河英雄伝説 Die Neue These TokyoMX(4/12)#02 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.04.15 08:07
前からおっさんではあったんですが。 アッテンボロー居ないのは原作通り。むしろ旧作でラオの出番が削られちゃいました。旧作は後半でこそ原作に忠実になりましたが、前半は結構オリジナル要素多かった。トニオとクルト。銀英伝の世界観を説明してくれるモブキャラでした。また旧作ではアスターテ会戦時ラインハルトとキルヒアイスはヤンを知っていて、しきりに気にしていた。本作ではこの戦いで「好敵手」を求めては居まし...
銀河英雄伝説 Die Neue These 第2話 『アスターテ会戦』 SIDEヤン。アッテンボローが出ない、パエッタがおっさん! | こいさんの放送中アニメの感想 at 2018.04.15 23:50
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する