FC2ブログ
2018.06.18

空虚な演説

関西に地震。余震にご注意を!


『銀河英雄伝説 Die Neue These』 第十話 幕間狂言

フェザーン自治領ルビンスキーはどこから情報を仕入れるのか、
自由惑星同盟が銀河帝国に全面的軍事攻勢をかけようとしていることを
銀河帝国高等弁務官ヨッフェン・フォン・レムシャイド(長い^^;)に話します。
ルビンスキーはイゼルローン攻略も知っていました。
彼は両国の軍事バランスを操作するのをゲームのように楽しんでいるのでした・・

銀河帝国の偉い人は情報を得てラインハルトを利用することを考えます。
その頃、同盟軍では帝国軍攻撃の作戦会議をしていました。
遠征軍作戦参謀アンドリュー・フォーク准将は口ばっかって感じだな^^;
臨機応変って行き当たりばったり以外の何物でもない++;
色んな場面を想定しておかないと混乱した大軍は身動きも出来ないでしょうよ。
アスターテを敗北と認めないフォーク准将。
あれは、ヤンがいたからあれで済んだんだよ!
フォークの詭弁を遠くに聞き流しながらヤンはイゼルローンの作戦を後悔していたのか、
でも、あれ以外にどうしたら良かったというのか・・

銀河帝国軍はラインハルトが迎え撃ちます。
同盟軍はメチャメチャやられそう~

今更だけど『銀河英雄伝説』って渋いお話だったのね。
なんとなく派手な宇宙戦争ものかと思ってたから~

次回 【死線[前編]】

空虚な演説
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/227-37e3afb2
この記事へのトラックバック
第10話 幕間狂言 同盟は3千万の出兵で帝国領内を攻撃するらしいと情報を漏洩する フェザーン自治領主ルビンスキー。双方の軍事バランスを考えると今回は帝国に勝って欲しい。前回のイゼルローン要塞陥落は漏洩させなかったのは、あの少ない出兵での 戦略を見てみたかったから。初戦はゲームの駒と同じ、儲けるには一方的な情勢は好ましくない。 情報を入手した帝国ではラインハルトに出撃を命じ...
銀河英雄伝説 Die Neue These TokyoMX(6/14)#10 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.06.18 19:43
新アニメ版銀河英雄伝説第10話「幕間狂言」もまた会話のみのエピソード。 アバンは帝国重臣とフェザーン商人ルビンスキーとが話していた。 この帝国重臣はなぜかおかっぱヘヤーだったw ルビンスキーは同盟が大攻勢を企んでいると話していた。 これは同盟に傾いた軍事バランスを帝国に少し戻すのが狙い。 イゼルローン攻略も情報を掴んでたのに教えなかったけど、 同盟があんなにボロ勝ちするとは思ってなかったらし...
新アニメ版銀河英雄伝説第10話「幕間狂言」選挙対策と出世欲 | アニメとマンガの感想と考察 at 2018.06.22 14:36
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する