FC2ブログ
2018.06.22

敗退への第一歩

ざっくりとね^^;


『銀河英雄伝説 Die Neue These』 第十一話 死線[前編]

同盟軍がワープ?して帝国領内の星に着いたら、貴族たちは逃亡した後。
被支配層の住民たちが残されていました。

我々は解放軍です

もう専制主義の圧政に苦しむことはないのです

自由惑星同盟はあなたたちを歓迎します


政治上の権利や自由な市民としての新たな生活等、
希望に満ちたような未来を語る同盟軍ですが、
残された住民たちが考えることはまずパンとミルクのことでした・・

なんか、奴隷みたいですね。
でも、住民たちは汚れてはいるけどそこそこちゃんとした衣服を着て、
それほどやせ細っていないみたいな^^;

総司令官ロボスに、前線物資が枯渇する前に撤退をと具申したいビュコック提督。
フォーク准将が遮ります。
怒ったビュコックに叱責され失神?したフォーク。
ぃゃぁビックリww

挫折感が異常な興奮を引き起こし発作が起きた
原因は精神的なものなのでそれを取り去らない限りは
この先何度でも同様の発作を繰り返すだろう
どうすれば良いかというと
逆らわず
挫折感も与えず
あらゆることが彼の思うように運べば良い


・・だとぉ!?
総参謀長もイカレてる><;
最高評議会(うち2名はまとも)も総司令官たちも、腐っているというか狂っているというか・・

宇宙戦艦のCG絵は綺麗だけど迫力に欠ける。
と、
昔の設定を踏襲しているのか宇宙に出るのに両軍戦艦の中で宇宙服なし。
ゴージャスな飾りの付いた椅子も笑っちゃうような^^;

次回 【死線[後編]】

敗退への第一歩
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/231-78d413f4
この記事へのトラックバック
第11話 死線(前編)イゼルローン回廊のワームホールを抜けて帝国領に進軍した連合軍。帝国軍の反撃もなく周辺の星を次々に帝国の支配から開放する。呆気ない状況だが、占領地の住民は飢えていた。次々に食料を求められ補給線は伸びていき輸送量も予想以上に膨れ上がる。本国に打診するが限界を超えて、各自で現地調達とまで言われてしまう。補給担当のキャゼルヌ少々はロゴス元帥に具申する。このままでは最大まで伸びた...
銀河英雄伝説 Die Neue These TokyoMX(6/21)#11 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.06.23 17:54
新アニメ版銀河英雄伝説第11話「死線(前編)」は、帝国領に侵攻した同盟が補給問題で立ち往生するエピソード。 アバンは飛来する同盟軍を帝国国民が見上げているというシーン。 占領地ではなぜか食糧が不足していた。 恐らくラインハルトの策。 全住民を飢餓から救うには5000万人の180日分の食糧が必要だった。 それは同盟兵の2倍もの人数だったので、とうてい賄えなかった。 イゼルローンのフォークは補給...
新アニメ版銀河英雄伝説第11話「死線(前編)」 | アニメとマンガの感想と考察 at 2018.06.26 22:48
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する