FC2ブログ
2018.07.22

最初から強い人なんていないんだよ

 _(:3」∠)_
眠いアル・・

明日、感想書きたいアル・・


『はたらく細胞』 第3話 インフルエンザ

ジョジョかwwww
ヘタレなナイーブT細胞が樹状細胞のお陰で活性化しマッチョにww
→エフェクターT細胞。しかも分裂増殖するんですね^^;

ゾンビみたいなウィルスを察知して遊走して来た白血球。
ブーツが脱げちゃうところがww
でっかいナタを引きずってやって来るマクロファージさん、こえーww
うふふじゃねぇwwww
手でぐじゃあ・・とかwwwwwwww
キラーT細胞のオラオラ感ww
やっほーと応援にやってきた白血球たち。
皆、遊走で壁からww
淡々としてるところがイイです^^

※インフルエンザの増殖スピードは細菌とは段違い。
※発熱→体温を上げて、体内に侵入した最近類の増殖を抑える。
また免疫系の活性化も促す。
※悪寒→体内の熱が逃げないように体の表面の血管を収縮させ、
手足の表面温度が下がり、寒気を感じるようになる。
※くしゃみ、咳→ウィルスなどの異物を、対外に排出しようとして起こる反射的な反応。
※食欲減退→通常は消化活動に使われるエネルギーを病気治癒に費やす反応。
※発汗→毒素を排泄したり体温を調整する。
※A型インフルエンザウィルス→A型は内部での変異型が多く、
世界的な大流行を起こしやすい。

擬人化での解説が面白かったです☆彡

次回 【食中毒】

最初から強い人なんていないんだよ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/257-e7755bbb
この記事へのトラックバック
第3話 インフルエンザ ナイーブR細胞が見回り中にインフルエンザウィルスに感染した細胞と遭遇。怖くて戦えないが好中球が遊走されて戦い始める。 マクロファージが到着、インフルエンザウイルスがB型だとヘルパーT細胞に伝達する。キラーT細胞の出動を要請する。 到着したキラーT細胞はナイーブT細胞の先輩に当たる。役立たずなので戦えと叱責される。 B細胞は抗体を...
はたらく細胞 BS11(7/21)#03 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.07.23 18:06
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する