FC2ブログ
2018.08.05

そいつが今年もやって来た

そしてまた
スライド式に明日こそガンバルからぁと誓うのでした・・


『はたらく細胞』 第5話 スギ花粉アレルギー

粘膜にスギ花粉が飛び込んで来ました。
中から出て来たたくさんのアレルゲン。
マクロファージさんが「」
花澤赤血球が危ない目に遭うと現れるいつもの白血球(好中球)♥
って、
食作用!@@; オエッ
この味・・^^;
スギ―等のアレルゲンは病気の原因になったりはしないそうです。
しかし、
多過ぎる敵にIgE抗体攻撃しまくるB細胞、
マニュアル通りにガンガンヒスタミン等を分泌するマスト細胞(肥満細胞)
たちのせいで色々大変なことに^^;
やたら大袈裟に考えている記憶細胞も暴走原因のひとつかと思ったけど、
それは違ったみたいな?
鼻づまりが地殻変動、涙がダム決壊みたいなwwww
B細胞やマスト細胞を責める一般細胞。
こいつら単純よね++;
赤血球が宿命を語っていたら赤血球がお届けものをww
ステロイドこえー・・
強力だからね。
使い続けると副作用は怖いからね@@;

いやー良かった良かった(棒読み)wwww

次回 【赤芽球と骨髄球】

そいつが今年もやって来た
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/271-3458b25d
この記事へのトラックバック
第5話 スギ花粉アレルギー 瞼の開閉が遅れてスギ花粉が体内に侵入した。ヘルパーT細胞から関係各所に連絡が届く。マクロファージは揺れて大変だとクレーム、早急な対応を求められる。 そのころ眼球付近に居た赤血球はスギ花粉アレルゲンに襲われる。好中球が助けてくれるが正体不明。 貪欲でスギ花粉アレルゲンだと正体が判明する。しかし未だ大した状態ではなかった。 記憶...
はたらく細胞 BS11(8/04)#05 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.08.07 22:25
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する