FC2ブログ
2018.08.26

存在意義はひとそれぞれ

この残暑。なんざんしょ・・


『はたらく細胞』 第8話 血液循環

新人赤血球たちを見て、もっとしっかりしなきゃと思う花澤さん赤血球。

迷わず最後までひとりで この循環器を一周してみせる!

燃える赤血球ですが、
それは力むまでもなく通常あなたがやらなきゃいけない仕事だからww
絶望的な方向音痴の赤血球をいつもの白血球が隠れてサポートするお話でした^^;
いつもどうしているんだろうと思ったら、
先輩や白血球に助けられていたみたいですね++;

心臓が神社とお寺を合わせたようなデザインでしたww
ひとりで循環出来たと喜んでいる赤血球をやさしい目で見ていた白血球。
甘っちょろいとキラーT細胞に殴られてしまいました@@;

仲良くなりたい だ と か お茶飲んでる赤血球たちの仲間に入りたい だ と か

お隣さん同士でトランプやってる細胞たちの中に飛び入りで参加してババ引いて

バッカね~っていじられてみたい だ と か


うらやましかったんですね^^;

色々聞かせてくれないか お前たちの仕事のこと

ずっとサポートして知っているクセに赤血球の話を「うんうん」と聞く白血球。
惚れるわぁ♥

次回 【胸腺細胞】

存在意義はひとそれぞれ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/299-0f6ab81c
この記事へのトラックバック
第8話 血液循環静脈を通って二酸化炭素を運ぶ赤血球。新人が配属される季節、もう今までのようにアホだ、方向音痴だと 言われていてはいけない。 一念発起、1人で仕事を完遂したい。しかし道に迷って雑菌に襲われるいつものパターン。そして好中球に助けられるのも今までと同じ。 この先はリンパ管しかない。道に迷ったななら案内してやると先を急ぐが、いつになく赤血球が燃えていた。一人で出き...
はたらく細胞 BS11(8/25)#08 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.09.01 03:16
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する