FC2ブログ
2018.09.16

体温調節システムを維持せよ

これ、真夏にやれば良かったのに^^;


『はたらく細胞』 第11話 熱中症

熱中症になるメカニズムをざっくりとね。
身体の冷却機関の貯水槽が空になって体温が上がった時、
赤血球たちが皮膚の近くの毛細血管を歩いて放熱しようと頑張ります。
そんな時でもお構いなしに出没する細菌。
白血球がやっつけますが暑そうです^^;
血小板ちゃんはいつも癒し要員♥

めまい、立ちくらみ、失神。
この身体、マズイよ!
更にセレウス菌とか出て来たよ@@;
白血球も熱中症のせいでやられそうだよ><。
とうとう汗腺細胞隊長が雨乞いを始めたよ^^;
神頼みだよ++;
もうダメか・・と、思った・・ら!
輸液注射☆彡
首とかわきの下とか涼しいって^^
お互いを団扇であおぐ血小板ちゃんたちが可愛い♥
この身体の主は病院で点滴でも受けたのかな?
この世界が終わらなくて良かったです^^;

次回 【出血性ショック(前編)】

体温調節システムを維持せよ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/319-7b39bc60
この記事へのトラックバック
はたらく細胞第11話「熱中症」は、体の主が熱中症になるエピソード。 今回、能登ママとか言われてたw と言うのは能登麻美子の結婚報道があったので。 1ヶ月位前だったらタイムリーだったね。 まあ逆に不謹慎と言われていたかもしれないけど。 冒頭から体内が徐々に乾燥していた。 白血球は緑膿菌を追って排除。 そこでもう妙に汗を掻いていた。 今回はなぜか好中球も熱中症になる展開だった。 これはどうも免疫...
はたらく細胞第11話「熱中症」何もできなかった細胞達 | アニメとマンガの感想と考察 at 2018.09.18 19:20
第11話 熱中症体温調節のために皮膚の近くに血液を多く流す。皮膚が干からびて酷い暑さ。 体内の水分が減少している。今日も雑菌を排除する好中球。 放熱のため移動する赤血球と遭遇。血小板も水分補給に麦茶を飲む。 体温を下げるためにアポクリン腺とエクリン腺から発汗するが霧状にならない。霧状にならないと気化熱で体温を下げられない。 セレウス菌が出現する。&nb...
はたらく細胞 BS11(9/15)#11 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.09.20 07:29
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する