FC2ブログ
2018.09.23

生命に関わるレベルのダメージ

お墓参りに行って来ました~
記事は明日書きたいと思います~


『はたらく細胞』 第12話 出血性ショック(前編)

まだ本人も一人前とは言い難いのに、
赤血球が新人の教育係を任せられるというお話^^;
もぅ見た目からして新人の方が先輩みたいな^^;;
声は石川由依さん。ミカサでした☆彡
仕事内容も教えることがないほど優秀で見ててツラかったわ><。
白血球は仕事中とプライベートのギャップがヒドいなww
赤血球がなんとか先輩らしく頑張っていたその時、
この世界(人体)に何か大きな問題が起こりました。
この政治家みたいな細胞たちは?脳?
緊急事態の発生で皆はそれぞれの仕事にいつもより集中します@@;
体温が上昇していないのに冷や汗が出る仕組みって何なのでしょうね?
血球がいないってどうして?
この人体はどれだけの怪我をしたのでしょうか・・?

次回最終回 【出血性ショック(後編)】

生命に関わるレベルのダメージ
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/327-f2231b31
この記事へのトラックバック
はたらく細胞第12話「出血性ショック前編」は、前半は赤血球と後輩ちゃんが体を巡って細胞の解説をしていた。 後半が何らかの外傷を受けたらしいエピソード。 前半は先輩赤血球に後輩の案内をするよう命じられてた。 でも後輩ちゃんはかなり優秀で、仕事内容も他の細胞の仕事も何でも把握済みだった。 それで赤血球は「この方に何を教えれば」って「この方」扱いに格上げw 後輩ちゃんの有能っぷりに顔が真っ白になっ...
はたらく細胞第12話「出血性ショック前編」そして誰もいなくなった……のだろうか | アニメとマンガの感想と考察 at 2018.09.27 12:27
第12話 出血性ショック(前編)仕事にも慣れて1人で働ける赤血球に先輩が後輩の面倒を任せる。未だ半人前だから無理と断るが、今までの恩を返すつもりでと言われて仕方なく引き受ける。 慣れていないので敬語で話してしまう。実は優秀で教えることなどない後輩だった。 私達の仕事はガス交換だけなのに栄養運搬も任されたりと詳しい。 すでに話すこともなくなり、要領の悪い人と思われ...
はたらく細胞 BS11(9/22)#12 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.09.27 13:38
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する