FC2ブログ
2018.10.08

特別な人間でなくても

頭痛~
明日また来ますです・・


『進撃の巨人 Season 3 』 #48 傍観者

ヒストリアは孤児院の院長となって、生き生きと子どもらの世話を焼いています。
仲良さげに会話しているエレンとヒストリアを見て、
ミカサの嫉妬心が全開ですww
エレンの巨人硬質化の力を使って巨人を倒す罠の開発もされました。
巨人の秘密を探るべく、エレンは洞窟での記憶を辿ります・・

なんと、
エレンたちを教育した教官は「何の成果も得られませんでした」と泣いていた、
エルヴィンの前の調査兵団団長だったのですね。
壁の外にいたエレンの父を助け、エレンの母を密かに愛し、
エレンを調査兵団にさせまいと訓練装置に細工をしたのはシャーディス教官だったとは@@;
初めはジャンを疑っていたんだけど、
誰が細工したかという描写はなくて謎だったんだよね~
全てが繋がったわ。
シャーディスはエレンを死なせたくなかったのよね。なのに・・

エレンの父はどうしてエレンに力を託したのかな?
シャーディスの言うように、自分では駄目だったの?

特別じゃなきゃいけないんですか?

私はそうは思いませんよ

少なくともこの子 偉大になんてならなくても良い

人より優れていなくたって

だって 見て下さいよ

こんなに可愛い!

だからこの子はもう偉いんです

この世界に 生まれてきてくれたんだから ・・!


幼いエレンは可愛かったな~
シャーディスが母の言葉を教えてくれたお陰でエレンは吹っ切れたみたいですね。
ありのままの自分をただ愛してくれた母。
特別な人間でなくても良いのだと・・

次回 【奪還作戦の夜】

特別な人間でなくても
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/342-7042bbbb
この記事へのトラックバック
第48話 傍観者ヒストリアは戴冠から2ヶ月、すっかりと牛飼いの女神様と呼ばれていた。孤児たちを集めて牧場で育てる院長が板についてきていた。 地下街の孤児たちを収容して救いの手を差し伸べる、これこそが ヒストリアがやりたかったことだった。 エレンは硬質化の実験を繰り返していた。ウォール・マリアの修復が次の急務、ベルトルト、ライナーとも戦うことになる。アイツラは許せない。&n...
進撃の巨人 Season3 NHK総合(10/07)#48 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.10.10 23:28
牧場の少女ヒストリア戴冠式から2ヶ月が経過したそうです。前回女王になったヒストリアが牧場娘になっていた。思っていた女王と違う、まるで視聴者の声を代弁するアルミン。通称「牛飼いの女神様」だそうで。でもヒストリアにとっては昔に戻っただけかもしれない。 そのヒストリア、エレンと何だかとってもいい雰囲気。話している内容はまたライナーとベルトルトが来たらとか深刻なんですが、傍目にはお似合いのカップル状...
進撃の巨人 第48話 『傍観者』 牧歌的な話から、エレンの両親の馴れ初めまで。 | こいさんの放送中アニメの感想 at 2018.10.15 23:16
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する