FC2ブログ
2018.11.14

現実はそんなに優しくない

玄関の履物はちゃんと揃えようね!


『風が強く吹いている』 第七話 頂きに牙を剥け

プロローグは記録会を前に、何か考え込んでいるカケル・・

ハイジのヘタクソな運転で具合が悪くなる皆++;
荷物運びで通りかかった榊がひつこくイヤミを言います。
カケルは何か言い返そうとしたのか榊の前に行きますが・・

榊が圧倒されるような藤岡一真。
その藤岡とハイジは昔の部活仲間っぽいですね。
ハイジの脚には痛々しい手術痕がありました。
以前はきっと有力な選手だったのでしょうね。

回転を上げろ!
思った時に異次元のスピードでカケルを置いて走るふたり。
トップは藤岡一真でした。
チラとカケルを気にする藤岡。

(ハイジと)一緒にチームを導いてくれ

カケルは藤岡に声をかけられます。
現実はそんなに優しくないと思っているカケルは怒ったようにうつむきます。
ハイジとカケル以外は公認記録が出ませんでしたが明るいハイジ^^;
う~ん。
カケル以外の皆は落ち込んではいたけど辞めるとは言いませんよね。王子でさえ。
メンタルつええ++;
と思いました。
トレーニングは続きます。
箱根を本気で目指す大学だったら専門のコーチとかが指導しますよね。
学生の自主トレみたいので追いつけるのかな?
ホント、王子は・・?

次回 【危険人物】

現実はそんなに優しくない
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/378-74a145e3
この記事へのトラックバック
第7話 頂きに牙を剥け 4月29日の東京体育大学での記録会に参加する。灰二の運転は危ないが他に誰も免許を持っていない。 東京体育大学に到着した時点で既に気分が悪い物続出。 駐車場で榊が挑発する、ジョギング同好会だと。 灰二に声を掛ける選手が居た、六道大学の藤岡一馬だった。彼は昨年の箱根王者で区間賞を獲った選手だった。 彼は灰二とは知り合いだった。榊との...
風が強く吹いている 日テレ(11/13)#07 | ぬるーくまったりと 3rd at 2018.11.15 17:10
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する