FC2ブログ
2019.01.31

むくわれた

良かった~


『盾の勇者の成り上がり』 04 暁の子守唄

災厄の波での魔物退治の報奨金をもらうため?
尚文はラフタリアと一緒に城に来ていました。
ラフタリアが尚文に買われた奴隷と知り、元康は尚文に決闘を申し込みます・・

ナンパ―元康。
マインよりラフタリアにデレデレですね。
ハーレムでも作るつもりかーー;
「オレたちは勇者だ」ってねー
尚文を勇者だと認めていないクセにそういうことは強要すんのかとーー;
勝負の報酬?もフェアじゃないよね。
こいつのフェアは自己満足か?
盾しか持てない相手に決闘を申し込む卑劣を自覚出来ない馬鹿。
しかし、
双頭黒犬の盾とか尚文の方が勝っていたわね。

元康の劣勢に援護をするマイン。
マインが王の娘だったとはね。
OP映像に納得。
彼女は魔法使いなの?
王も最初から盾の勇者を軽んじていたし、
王らは四聖勇者を団結させたくない理由でもあるのかなと思ったり。

「カースシリーズの条件が解放されました」って何?
尚文が見た幻覚みたいのは何だったのかな?
尚文が暗黒面に堕ちそうな感じだったけど、ラフタリアが救いました。
「この卑怯者!」って気持ち良かった~♪
それでも自分の非を認めようとしない元康。
他の勇者ふたりがマインの反則をちゃんと見ていたので良かったよ。
スッキリしたぜ!

ラフタリアが自分を信じてくれているとわかったら、
尚文はやっとラフタリアの真の姿が見えました。
ラフタリアの言葉は子守歌のように心地よく、
心底ほっとした尚文はそのまま眠ってしまいました。
味覚も戻って良かったね^^
本当に良かった。救われたわ~
尚文は自分で自分を救ったのよね^^

次回 【フィーロ】

むくわれた
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/454-71170f74
この記事へのトラックバック
第4話 暁の子守唄 勇者の功績を讃え報酬を与える宴がメルロマルク城で開催された。報酬を受け取るために訪れた尚文だが気分は晴れない。 ラフタリアにご執心な元康は声を掛けるがマルティが何かを仕掛ける。元康は亜人の奴隷をパーティに連れているのは勇者の資格が無いと決闘を申し込む。勇者の品格に関わると同意するものが多数。遂には国王まで決闘を認め立会を求める。 決闘が避けられなくなり...
盾の勇者の成り上がり BS11(1/30)#04 | ぬるーくまったりと 3rd at 2019.02.03 11:26
盾の勇者の成り上がり第4話「暁の子守唄」は、ラフタリアが解呪され奴隷ではなくなるエピソード。 元康VS尚史 前半は宴に勇者4人が呼ばれていた。 尚史も報酬ほしさに来ていた。 これは罠だった。 騎士団長は逃げたくせに貴族達に魔物と戦ったと嘘をついてた。 怪我人が最小限で済んだのを勇者のおかげと褒めてたけど、 事実は尚史だけが村を守ってたのに、勇者全体の功績扱いになってた。 元康はマインに吹き込...
盾の勇者の成り上がり第4話「暁の子守唄」味がする | アニメとマンガの感想と考察 at 2019.03.17 02:54
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する