FC2ブログ
2019.02.18

一つまたは一組のものが他に対してもつ何らかのつながり。

捨てた奴許せん!


『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』 第6話 つながるもの

自分が読んだ面白い本を誰かに紹介するということを知らない、
思い付きもしないかもしれない素晴。
貸し出しカードで自分以外にも借りている人がいるとわかり、
それだけでうれしく思うのでした・・

先週の男子はやっぱり押守ななの弟でしたね。
弟に心配される姉。わかる~ww
ななちゃんとか呼ばれているしww
「よく来る」ということは、お姉さんはひとり暮らしなのね?
お姉さんがハルをそっと床に下す感じが良かった^^

ハルをさん付けで呼び、カッコイイという弟。
人によって印象が違うものだと感心する素晴。
この弟とお姉さんはなんと、素晴の小説のファンでしたwwww
しかし、
こういう状況が苦手で名乗れない素晴。
相手が著者と知らずに薦める弟ww
今更ながら気づけなかった自分に気づく素晴でした^^;

運命 家族 安心できる場所

どれもまだわからないけど


う~ん。
にゃんこが運命とか考えるかしらん++;

先住猫は子猫とか、相手が小さいほど受け入れてくれやすいのよね?
ハルたち兄弟は段ボールに入れられて捨てられたのです><。
先輩ノラに助けられながらなんとか命を繋いで来たのでした。
家猫は10年以上長生きするものもいますが、
ノラは生きる環境が厳しくて寿命が短いんですってね。
昔話は悲しかったです・・

一つまたは一組のものが他に対してもつ何らかのつながり。
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/470-ef78365c
この記事へのトラックバック
第6話 つながるもの いきなりドアを開けると転がってきたので素晴を変質者と思った男子は 高2の弟の優伍だった。 実はぶっきらぼうなだけでハチを可愛がるネコ好きだった。ハルが格好いいと言う。 素晴の小説が連載されている雑誌、小説 北極星の読者だった。しかも猫が殺し屋の小説の大ファンだった。その猫にハルが似ているという。 姉も自分の小説のファンだと分かると居たたまれ...
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 BSフジ(2/14)#06 | ぬるーくまったりと 3rd at 2019.02.21 00:44
なな(CV:安済知佳)に鍵を返すため、素晴(CV:小野賢章)と押守家に向かったハル(CV:山崎はるか)は、行方がわからなかった弟・はち(CV:村瀬歩)と感動の再会を果たします。 すると突然、怖い顔をした大柄な男性が家に入って来ます。 彼は、ななの弟・優伍(CV:中島ヨシキ)でした。 まだ高校生なのに、すごい大柄の優伍に怯える素晴とハルですが、はちやろく(CV:津田健次郎)が...
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第6話 | ぷち丸くんの日常日記 at 2019.02.21 10:11
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する