FC2ブログ
2019.03.26

皆で帰るため

思ったより寒かった今日++;


『revisions <+Ultra>』 Case 11 最後の希望

黒い存在は慶作だったのではないかと想像する大介。
ミロに相談したかったけれど彼女はもういない・・

街の人たちの協力でエネルギーの切れたパペットが収容されました。
バラバラになった人たちが今度はまとまりつつあります。
頼りなかった泉海婦警は区長や区職員と今後の対策を話し合います。
大介たちを戦闘員と認識する大人たちに、
あの子たちは高校生なのだと矢沢悠美子が教師らしくかばいます。
大人も成長したねぇ^^

「外見から生まれる差別意識」というけれど、
どんなウィルスなんだかあそこまでいったら人間とは思えません++;
自分たちの目的のためにたくさんの人間を取り込んでどうこうしようと考えるあたり、
脳もどうにかなっちゃってるんじゃないかと・・
アーヴも打算的だけどね。

パペットなしでなんとかシビリアン?を撃退するべく頑張る女子たち。
男子たちはなんか、情けないな++;
こういう閉じ込められた「世界」の中の秩序の崩壊とかも『リヴァイアス』ぽい。
ヤケになる奴らもいれば頑張る人たちもいる。
街の皆の協力でパペットの電力を確保し、(SDSコールはちとアブナイ雰囲気w)
リヴィジョンズに乗り込みパペットの自爆で量子脳を破壊し、渋谷を過去に戻すという作戦。
ガイに街の防衛を頼み、ひとりで向かった大介が見たのは、
慶作の姿に生まれ変わったニコラスでした><。

量子脳を破壊したのはニコラス。
本当はパペットの主力は慶作だったと聞かされる大介。
大介はひとりこの時代に残されちゃうんじゃないかと心配したけど、
ニコラスについて行った?

次回 【revert】

皆で帰るため
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/505-d0baecad
この記事へのトラックバック
第11話 最後の希望 牟田区長、黒岩署長のリーダーを失った渋谷対策本部。今後の方針は定まらない。ストリングパペットは住民に割り振っている電力を停止するしか起動しない。リヴィジョンズの出現に対抗する術はない。堂島幹夫はRVウイルスのデータとサンプルを手に入れたので現在に戻れば 国連と連携してパンデミックを防げるかもしれない。 黒い機体は慶作だと考える大介。彼を連れ戻して助けたい。しか...
revisions フジ(3/20)#11 | ぬるーくまったりと 3rd at 2019.03.28 13:19
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する