FC2ブログ
2019.07.22

ほわほわに戸惑う

ねむー・・


『鬼滅の刃』 第十六話 自分ではない誰かを前へ

そうか すごいぞ伊之助!

蜘蛛の糸を操っている鬼の方角を突き止めた伊之助を炭治郎は褒めます。
言われてほわほわしてしまう伊之助 (´ω`)
でも、操られている鬼殺隊に邪魔されて前へ進めません。

ここはオレに任せて先へ行け!

村田の気概に感謝し、炭治郎たちは先に進むことにしました。
なんか、村田、大丈夫か・・?

蜘蛛女は累を恐れているようでしたね。

僕たち家族の静かな暮らしを邪魔するな

とか言っておいて累のこの冷酷な態度。
なんなんだろうーー;
やっと鬼殺隊の動きを止め助けられるかもと思ったのに、
彼らが使えないとなると殺してしまう蜘蛛女@@;
人の気持ちなど気にしない伊之助でも感じるほどの炭治郎の怒り・・!
次に立ちはだかったのは首無しの鬼・・?

危ないところを助けられた伊之助はほわほわしてしまいました (´ω`)
伊之助が面白くなってきたww
首無しをふたりで倒した後、伊之助は炭治郎を蜘蛛女の方へぶん投げます。
覚悟して抵抗する気もない蜘蛛女に振るう炭治郎の剣は優しかった?
哀れみの眼差しを受け、
蜘蛛女は最期に十二鬼月がいるから気をつけてと教えてくれました。
しかし、
ヤな家族だなぁ・・

善逸は後ろを付けられているのか、あれから攻撃受けたかな?
大丈夫だとは思いますが・・

ほわほわに戸惑う
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/616-49619970
この記事へのトラックバック
第十六話 自分ではない誰かを前へ 村田隊員が操られた仲間を相手するので伊之助と炭治郎は先へ。彼の言葉を信じて鬼のいる方向へ走る二人。その前に別の隊員が立ち塞がる。より速く操られる隊員たちは強く、存命だった。しかし人間の骨格を無視した動きを強いる。炭治郎も防戦で手一杯。他の隊員も重症だが操られる、自ら殺してくれと嘆願する。伊之助が従おうとするが炭治郎が止める。操られている隊員を助ける妙案を思い...
鬼滅の刃 BS11(7/20)#16 | ぬるーくまったりと 3rd at 2019.07.23 00:49
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する