FC2ブログ
2019.08.13

憧れの文芸部合宿

恋を隠すにはカップルの中?


『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 第6話 乙女は森のなか

文化祭実行委員会に恋の伝説を考えてもらいたいとお願いされた文芸部。
和紗に何かと泉のことを意識させるようなことを言う新菜^^;

付き合うことを隠すり香。
駿が可愛そうだなぁ。
ふたりの付き合いを目立たないようにするためにり香は恋の伝説を引き受けたのね。
ホント、自分のことしか考えてない。

アイディアが行き詰ったので文芸部は合宿へ行くことに☆彡
学校は投書に左右され過ぎ~

ひと葉はえろ小説を書かなくても良いことになったのにこだわっているのは、
本当はミロ先生と絡みたいだけなんじゃ?
「この恩は絶対に身体で返す」と言われ、青くなるミロ先生ww
(良い先生じゃん)

和紗は新菜と自分を比べて落ち込みまくり。
自意識過剰は青春につきものなのです^^;
でもね。ブ〇からしたら、
きれいな子にはこの気持ちわからないだろうなぁと思ったり・・
(和紗は十分可愛いけどね~)

次回 【揺れ、の、その先】

憧れの文芸部合宿
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/644-30ab031b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する