FC2ブログ
2019.11.13

最後に風をつかむ者

埋め埋め記事でさらっとな^^;


『ちはやふる3』 第六首 にしきなりけり

同級生同会のA級対決に場内はザワつきます。
汗だくで肩で息する太一に奏ちゃん母が声をかけます。
千早の着物は奏ちゃんが直したので平等にね^^と。
帯のうんちくなど奏ちゃん母の話を聞きながら、
太一は姿勢を正し、気持ちも整ったでしょうか・・?

新は帰る予定だったところ、千早の顔を見て思い止まります。
富士崎高校の理音たちも残ります。

いよいよ札を並べますが、
太一はいつもの配置と全く違うもの、
定石からも外れているような?
太一はずっと対 千早の札の配置を考えていたのでしょうね。
しかし、千早は落ち着いていました。
太一の策も効いているようだけど、聞き分けが研ぎ澄まされていくような・・

どちらか一方的優勢ではない緊迫した試合の中、
宮内先生がふたりが襷をしていないのに気づき、たまらず声を出します^^;
男性は襷を結んだ後、結び目を後ろに回すんですね。

息苦しさに桜沢先生の言葉を思い出し、姿勢を正す千早。
前を見ると太一がいます。

太一だ 知らない人みたいなかるたを取るのに 太一だ

負けん気を発動の千早?
次回決着!

最後に風をつかむ者
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/710-ae320073
この記事へのトラックバック
千早VS太一の決勝戦が行われるお話でした! 吉野会大会の決勝は、同じ白波会の千早と太一が対戦することになりました。福井から遠征してきた新は、もう帰る時間になっていました。最初は、みんなと一緒に帰ろうとした新でしたが、千早と太一の対決を見ずに帰ることなんてできないことに気づきました。それは他の人たちも同じでした。富士崎高校の理音たちも、試合の結果を見届けるまでは帰る気がありません。 決勝開...
ちはやふる3 #6 | 日々の記録 at 2019.11.21 18:13
第六首 にしきなりけり 千早と太一の決勝戦。ヒョロくんもB級の決勝戦、相手は豪徳寺実篤38歳。妻に教えられて競技かるたを始めた。愛妻家で妻はC級。大江利恵子が苦しそうな太一の着付けを直すために一息入れさせる。新が千早に声を掛ける、これから帰るから。不安そうな顔に1人で残ると決心すると原田先生が泊めてやるから勝負しような。村尾さんと会長も残ると言い始める。太一に負けたことが理解できていないので...
ちはやふる3 日テレ(11/12)#06 | ぬるーくまったりと 3rd at 2019.11.22 00:29
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する