FC2ブログ
2020.03.08

ソーイング・ビー(22)「お気に入りの一着」

準決勝の決着><;


ソーイング・ビー(22)「お気に入りの一着」

「ノースリーブに袖をつける」の結果。

1位はチネロ。高い袖山が個性的☆彡
個性的な柄の模様が左右ピッタリで高評価でした。
2位はヘザー。
片袖が0.5センチ長かったけど柄が縦に真っ直ぐ揃って肩のラインがなめらか。
歪みがないと高評価でした。
3位はタマラ。左右が均等に出来ていない。
ステッチ等は良く出来ているけど袖が少し斜めに付いている。
心配していたリンダは4位という結果でした。
右は良いのに左の袖付けが型崩れ。袖口に均等じゃない部分がある。
ボタンホールの向きが違うなどミスが多かったです><;

準決勝の最後の課題は自分自身に合わせます。自分の好きな一着の再現。

タマラはなんと22枚のパーツをパッチワークのように組み合わせたヨガウエア
そういえばナイロンジャケットが1位でした。
昔ながらのコートもそうだったけど難しい素材を使うなぁ。
チネロはがオーガンザがたくさん重なったパーティードレス。
ヘザーは前後にダーツの入ったシンプルな襟、袖のないドレス。
シンプルだから完璧さを求められます。
長袖のラップドレスを選んだリンダはなんと裁断の時に生地が足りないことに気づき、
その場にあった生地を選び直して作ることになりました@@;

そういえばこないだ服の整理をしていたらシンプルな紺のタイトスカートが出て来て、
どうしてこのスカートを取って置いたと考えたら、
母が昔作ってくれたと思い出しました^^;
これ、
気に入ってた黒のスカートの生地がボロくなったから、
同じ型のスカートを作ってとお願いしたヤツだと・・
その頃、近所に裁縫教室をやってたお宅があって、
母は私が小学生の頃から色々作ってくれていたのです。
すっかり忘れていたわ^^;今から考えるとスゴイ☆彡

お気に入りの一着の結果。
優秀作品はタマラ。
パーツを間違わずにバランス良く縫えていました。
型紙のスキルも褒められていました。
チネロは私はオーガンザの切りっぱなしのほつれが気になったけど、
それはイイのね。
ヘザーは元のドレスの再現率は良かったけど、体型に合わせるのが難しかったですね。
リンダは焦りがあったのかイマイチでした。
総合して、
決勝に残れなかったのはリンダでした><。


娘と一緒に見ててダーツって何?と聞かれて驚きました@@;
私の中学時代は女子は家庭科、男子は技術?と別れて勉強しました。
授業で自分の型紙を作り、それを元に襟、袖なしのブラウスとスカートを縫いました。
だからダーツなんて普通に知ってますよね。
そだ。
かぎ針編みだけど編み物もやったわ。
今の子は男女一緒に技術家庭を勉強するのでどちらも習得具合が薄い気が・・
自分の子どもが幼稚園へ行く時、
靴やお道具を入れる袋物を作るのに苦労しそうですね++;

ソーイング・ビー(22)「お気に入りの一着」
スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
https://another2017garden.blog.fc2.com/tb.php/795-5566de97
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する